ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル経済省》大統合の弊害すでに噴出=3千人削減のはずが紛糾

《ブラジル経済省》大統合の弊害すでに噴出=3千人削減のはずが紛糾

パウロ・ゲデス経済相(Valter Campanato / Ag.Brasil)

パウロ・ゲデス経済相(Valter Campanato / Ag.Brasil)

 旧財務省、旧企画省、旧商工サービス省と、旧労働省の一部を統合して発足した経済省は、3千人弱の人員削減を行ったが、同内部では現在、人員不足などで官僚たちが争っていると、13日付現地紙が報じている。

 同紙は、「省内の様々な職域で、官僚たちが職員の奪い合いなど、人事を巡る軋轢に労働資源を費やしており、本来の職務の妨げになっている」と批判した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ