ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院議長が口頭試問集中開催を懇願=12月頭までに最高裁新判事決まるか

《ブラジル》上院議長が口頭試問集中開催を懇願=12月頭までに最高裁新判事決まるか

 ロドリゴ・パシェコ上院議長は3日、上院の憲政委員会(CCJ)に対して「口頭試問(サバチーナ)の開催を急がせる」との発言を行った。サバチーナの対象には、CCJのダヴィ・アルコルンブレ上議が拒み続けている最高裁判事候補のアンドレ・メンドンサ氏も含まれている。4日付現地紙が報じている。
 パシェコ議長は具体的な名前を挙げなかったが、「サバチーナの開催を促したい」とし、それを11月30日、12月1、2日の3日間に定めた。また、各職務に指名されたのにサバチーナを受けていない人物への試問は、この3日間で終わらせるように指示した。
 それは、11月15日までは上院の予定が詰まっており、さらに12月に入ると外国での公務がある上議が存在するため、今年中にサバチーナを行うとすると、そこしかないためだという。

 11、12月に行われるサバチーナでは複数の公職に指名された人物が対象となるが、その中には、7月にボルソナロ大統領が指名した最高裁判事候補のアンドレ・メンドンサ氏も含まれている。
 CCJのダヴィ・アルコルンブレ委員長はメンドンサ氏の指名が気に入っておらず、「ボルソナロ氏の任期中はサバチーナを行わない」と知人に話すなどしていた。また、CCJそのものが5週間にわたって開かれないという、異常事態も起きている。
 これに対し、連邦政府側の議員たちがアルコルンブレ上議に圧力をかけており、委員長罷免との声も出ていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(62)2018年10月16日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(62)   一六、列車は南下する  ソ連側は行き先を発表しないが、刻一刻と日本が近くになっていることは確かな事実であった。  翌早朝列車は動き出した。昼頃荒野原の真ん中に停車した。前方車輌から 「後へ逓伝。各自炊事用の薪を採り、炊事車に渡せ」  と、寒い強風をついて聞こえた。後 […]
  • 2009年度秋の叙勲発表=ブラジル在住者5人が受章=非日系人はマナウスから一人2009年11月4日 2009年度秋の叙勲発表=ブラジル在住者5人が受章=非日系人はマナウスから一人 ニッケイ新聞 2009年11月4日付け  日本政府は11月3日に2009年(平成21年)秋の叙勲受賞者を発表した。ブラジル在住の邦人4人、ブラジル人1人の計五人。在サンパウロ、クリチバ、レシフェ、マナウス各総領事館の、4管轄内から選ばれた。 […]
  • 大耳小耳2015年3月14日 大耳小耳  バルゼン・グランデ文協の「焼きそばの夜」の圧巻は、実は終わった後にあった。閉会後の片付けにはボランティアの文協会員が総出で参加し、何列にも並べられた長机、長イスを手馴れた手つきでたたんでいく。わずか30分後には体育館はきれいになり、つい先ほどまで千人近くの人が飲食して騒い […]
  • セーラとマルタが拮抗=他2候補の見切り票マルタへ2004年9月28日 セーラとマルタが拮抗=他2候補の見切り票マルタへ 9月28日(火)  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十六日】来月三日に控えた地方統一選挙だが、アンケート調査によるとサンパウロ市長選挙では、事実上一騎打ちとなる二候補がそれぞれ三五%と互角の支持率となった。 […]
  • 食メニュー盛り沢山=仏心寺の慈善バザー=12日2008年10月2日 食メニュー盛り沢山=仏心寺の慈善バザー=12日 ニッケイ新聞 2008年10月02日付け  曹洞宗南米別院仏心寺(采川道昭総監)は十二日午前九時から同寺(サンジョアキン街285)で恒例の「慈善バザー」を行う。今年で十三回目。 […]