ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院議長が口頭試問集中開催を懇願=12月頭までに最高裁新判事決まるか

《ブラジル》上院議長が口頭試問集中開催を懇願=12月頭までに最高裁新判事決まるか

 ロドリゴ・パシェコ上院議長は3日、上院の憲政委員会(CCJ)に対して「口頭試問(サバチーナ)の開催を急がせる」との発言を行った。サバチーナの対象には、CCJのダヴィ・アルコルンブレ上議が拒み続けている最高裁判事候補のアンドレ・メンドンサ氏も含まれている。4日付現地紙が報じている。
 パシェコ議長は具体的な名前を挙げなかったが、「サバチーナの開催を促したい」とし、それを11月30日、12月1、2日の3日間に定めた。また、各職務に指名されたのにサバチーナを受けていない人物への試問は、この3日間で終わらせるように指示した。
 それは、11月15日までは上院の予定が詰まっており、さらに12月に入ると外国での公務がある上議が存在するため、今年中にサバチーナを行うとすると、そこしかないためだという。

 11、12月に行われるサバチーナでは複数の公職に指名された人物が対象となるが、その中には、7月にボルソナロ大統領が指名した最高裁判事候補のアンドレ・メンドンサ氏も含まれている。
 CCJのダヴィ・アルコルンブレ委員長はメンドンサ氏の指名が気に入っておらず、「ボルソナロ氏の任期中はサバチーナを行わない」と知人に話すなどしていた。また、CCJそのものが5週間にわたって開かれないという、異常事態も起きている。
 これに対し、連邦政府側の議員たちがアルコルンブレ上議に圧力をかけており、委員長罷免との声も出ていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日伯外相が電話会談=イラン濃縮ウラン問題で2010年5月21日 日伯外相が電話会談=イラン濃縮ウラン問題で ニッケイ新聞 2010年5月21日付け  日本国外務省の広報によれば、日本時間の19日午後10時半から30分間、ブラジルからの要請により、セルソ・アモリン外相と岡田勝也外相が電話会談を行った。 […]
  • コラム 樹海2012年2月1日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年2月1日付け  現代はインターネット上でより多く、大きく扱われるかどうかが、そのテーマの重要性を示すといわれる。02年から現在までの約10年分の日系社会とブラジル関連の過去記事が無料(直近10日間は有料購読者のみ)で閲覧検索できる弊紙サイトは一定の […]
  • アマパー日伯協会=EXPOフェイラで文化紹介=60周年機に、州政府が依頼2013年10月17日 アマパー日伯協会=EXPOフェイラで文化紹介=60周年機に、州政府が依頼 ニッケイ新聞 2013年10月17日  アマパー日伯協会(柴山満義代表)が先月27日から10月6日までの10日間、アマパー州政府からの依頼で、州都マカパー市で開かれた「第50回エキスポフェイラ」で日本文化紹介イベントを担当した。 […]
  • クーニャ罷免推薦=憲政委員会でも覆せず=8月以降に下院全体投票へ2016年7月16日 クーニャ罷免推薦=憲政委員会でも覆せず=8月以降に下院全体投票へ  下院憲政委員会が14日、エドゥアルド・クーニャ前下院議長(民主運動党・PMDB)から出ていた、倫理委員会での同議長罷免を薦める決定への異議申し立てを却下した。これで、8月以降の本会議でのクーニャ氏罷免が実質上決められたことになった。15日付伯字紙が報じている。 クーニャ派は1 […]
  • 第27回パラナ芸能祭=10地域の芸達者が参加=盆踊りで大団円迎える2009年10月17日 第27回パラナ芸能祭=10地域の芸達者が参加=盆踊りで大団円迎える ニッケイ新聞 2009年10月17日付け […]