ホーム | 日系社会ニュース | 帰朝の沼田領事「毎日が新鮮」=畑中氏「ここに来れて嬉しい」

帰朝の沼田領事「毎日が新鮮」=畑中氏「ここに来れて嬉しい」

帰朝する沼田領事と新任の畑中副領事

帰朝する沼田領事と新任の畑中副領事

 在聖総領事館の戸籍・国籍・証明班の沼田真一領事(41、茨城県)が20日に帰朝するに当たり、新任の畑中恭祐(きょうすけ)副領事(37、北海道)とともに19日に挨拶のため来社した。

 沼田さんは「この3年間は、とても新鮮で面白い仕事をさせてもらった」と感謝する。法務省からの出向、もともと本省でも戸籍に関する特殊な案件を担当していた。だが、サンパウロでは「日本国内では起きないような事例が次から次へと持ち込まれて、毎日が新鮮だった」と振り返る。

 地方の日系人集住地に出向く領事出張サービスでは「死亡届、婚姻届、在留届など各種届けを一カ所で100件も受理することがあり、地方在住の一世の方と直接に話をさせてもらい思い出深い」という。

 私生活でも「子供が起きているうちに自宅へ戻れる生活のありがたさを実感。子供が寝た後は、趣味のバトミントンをしにスポーツクラブにいくなど充実した生活が送れた」とのこと。

 新任の畑中さんは「ブラジルは初めて。世界最大に日系社会があるサンパウロへ来られて嬉しい。ポルトガル語を覚えてブラジルの文化や歴史に触れたい。旅行が好きなので、あちこち回りたい」とのべた。

 

□大耳小耳□関連コラム

    ◎

 在聖総領事館の戸籍・国籍・証明班の仕事内容を質問していて、「一番多い仕事は死亡届の受理」ときいて納得。とはいえ、実際には一世が死んでも、二世の子どもは警察署にだけ死亡届を出して、総領事館には何も届出をしないことが多い。現在、在聖総領事館には4万人弱の日本国籍者が住んでいることになっているが、そのうちどれくらいが生きているのか…。ちなみに、当地で暮らし始めたら「在留届」、引越ししたら「転居届」、日本に帰国するときは「帰国届」、そのほか婚姻届、出生届などいろいろな書類がある。ちなみに、両親が結婚していない場合は、日本人である父が認知したら、20歳までの子どもは日本国籍を取得できるとか。6月から日本人がブラジルに観光旅行する際にビザが必要なくなる。もしもそれで観光客が激増したら、総領事館の邦人保護班は大忙しになる?!

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 吉川貴盛農林水産大臣が来伯=第4回日伯農業・食料対話=移民史料館「生涯忘れない」2019年8月28日 吉川貴盛農林水産大臣が来伯=第4回日伯農業・食料対話=移民史料館「生涯忘れない」  日伯両政府による「第4回日伯農業・食料対話」が今月26日午前、サンパウロ州工業連盟(FIESP)で開催された。日本からは吉川貴盛農林水産大臣、伯国からはテレザ・クリスチーナ農務大臣が出席し、両国の貿易・投資を促進する観点から率直な意見交換を行った。吉川大臣は午後からイ […]
  • 堀井文夫さん受勲を祝う=モジ西本願寺で盛大に2019年8月24日 堀井文夫さん受勲を祝う=モジ西本願寺で盛大に  モジ・ダス・クルーゼス西本願寺(清水円了主管)は8日、堀井文夫さん(85、広島県、モジ市在住)が「令和元年春の叙勲」で旭日双光章を受勲したことを祝うため、聖州モジ市の同寺で盛大に祝賀会を開いた。  祝賀会には、篤志家・堀井さんの支援を受けてきた同寺の関係者、藤瀬圭子 […]
  • 聖市=山下忠男さんに名誉市民章=計50年間も援協に貢献2019年8月24日 聖市=山下忠男さんに名誉市民章=計50年間も援協に貢献  聖市議会は6日夜、山下忠男さん(85、京都府)に名誉市民章を授与した。野村アウレリオ市議の推薦。山下さんはサンパウロ日伯援護協会の職員として36年間勤め上げ、退職後も役員として現在まで14年間貢献するなど、計50年も援協に尽くしてきた。  聖市の援協本部ビルで授与式 […]
  • AFLORD=アルジャー花祭りが開始=充実の展示「世界の味」堪能=「オランブラよりキレイね」2019年8月22日 AFLORD=アルジャー花祭りが開始=充実の展示「世界の味」堪能=「オランブラよりキレイね」  「初めて来たけど、オランブラよりこっちの方がキレイね」―モジ市から来場した竹松テルエさん(73、二世)は、色とりどりの季節の花で彩られた展示場でそう頷き、「本当に来てよかったわ」とほほ笑んだ。今年も汎ズットラ花卉生産者協会(AFLORD、蒔田勉会長)の「第28回アルジ […]
  • 南麻州に日本文化の花咲かす=日伯連合会が55周年祝う=ドウラードスのモデル校30周年も2019年8月23日 南麻州に日本文化の花咲かす=日伯連合会が55周年祝う=ドウラードスのモデル校30周年も  南麻州日伯文化連合会(城田ジョゼ芳久会長、以下南麻州連合会)とドウラードス日本語モデル校(小森美佐子校長、以下モデル校)は、ドウラードス日伯文化体育協会会館で「南麻州日伯連合会55周年及びドウラードス日本語モデル校30周年記念式典」を18日に開催した。同連合会傘下の日 […]