ホーム | 日系社会ニュース | 帰朝の沼田領事「毎日が新鮮」=畑中氏「ここに来れて嬉しい」

帰朝の沼田領事「毎日が新鮮」=畑中氏「ここに来れて嬉しい」

帰朝する沼田領事と新任の畑中副領事

帰朝する沼田領事と新任の畑中副領事

 在聖総領事館の戸籍・国籍・証明班の沼田真一領事(41、茨城県)が20日に帰朝するに当たり、新任の畑中恭祐(きょうすけ)副領事(37、北海道)とともに19日に挨拶のため来社した。

 沼田さんは「この3年間は、とても新鮮で面白い仕事をさせてもらった」と感謝する。法務省からの出向、もともと本省でも戸籍に関する特殊な案件を担当していた。だが、サンパウロでは「日本国内では起きないような事例が次から次へと持ち込まれて、毎日が新鮮だった」と振り返る。

 地方の日系人集住地に出向く領事出張サービスでは「死亡届、婚姻届、在留届など各種届けを一カ所で100件も受理することがあり、地方在住の一世の方と直接に話をさせてもらい思い出深い」という。

 私生活でも「子供が起きているうちに自宅へ戻れる生活のありがたさを実感。子供が寝た後は、趣味のバトミントンをしにスポーツクラブにいくなど充実した生活が送れた」とのこと。

 新任の畑中さんは「ブラジルは初めて。世界最大に日系社会があるサンパウロへ来られて嬉しい。ポルトガル語を覚えてブラジルの文化や歴史に触れたい。旅行が好きなので、あちこち回りたい」とのべた。

 

□大耳小耳□関連コラム

    ◎

 在聖総領事館の戸籍・国籍・証明班の仕事内容を質問していて、「一番多い仕事は死亡届の受理」ときいて納得。とはいえ、実際には一世が死んでも、二世の子どもは警察署にだけ死亡届を出して、総領事館には何も届出をしないことが多い。現在、在聖総領事館には4万人弱の日本国籍者が住んでいることになっているが、そのうちどれくらいが生きているのか…。ちなみに、当地で暮らし始めたら「在留届」、引越ししたら「転居届」、日本に帰国するときは「帰国届」、そのほか婚姻届、出生届などいろいろな書類がある。ちなみに、両親が結婚していない場合は、日本人である父が認知したら、20歳までの子どもは日本国籍を取得できるとか。6月から日本人がブラジルに観光旅行する際にビザが必要なくなる。もしもそれで観光客が激増したら、総領事館の邦人保護班は大忙しになる?!

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》ドリア知事も初回ワクチン接種=接種第1号のモニカ氏の手で2021年5月12日 《サンパウロ州》ドリア知事も初回ワクチン接種=接種第1号のモニカ氏の手で  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事が7日、ブラジルで最初に新型コロナのワクチン接種を受けた看護婦のモニカ・カラザンス氏の手で、初回のワクチン接種を受けたと7日付G1サイト、R7サイトなどが報じた。  同知事が接種を受けたワクチンは、同知事自身が導入に努め、中国のシノ […]
  • 《ブラジル》東京五輪出場選手らにワクチン接種開始=約1800人が対象に2021年5月12日 《ブラジル》東京五輪出場選手らにワクチン接種開始=約1800人が対象に  11日、保健省は東京オリンピック・パラリンピックに出場する選手や監督などの関係者全員に、新型コロナのワクチン接種を行うことを正式に発表した。11日付現地サイトが報じている。  この件に関する記者会見は11日に行われた。マルセロ・ケイロガ保健相はこの席で、「選手たちに […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止2021年5月12日 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止  国家衛生監督庁(Anvisa)が10日夜、持病のある妊婦へのオックスフォード・ワクチンの接種を即刻中止するよう要請する文書を発行、複数の州が一時停止を決めたと10、11日付現地サイトが報じた。  同庁の要請はオックスフォード・ワクチンの使用説明書に従ったもので、国内 […]
  • 東西南北2021年5月12日 東西南北  10日、サンパウロ市ベラ・ヴィスタ区で、3歳の男の子が壁に打ち付けられて死亡する事件が起きた。容疑者と見られる少年の母親は茫然自失の状態でシャワーを浴びており、精神科の救急外来に入院した。同居していた祖母によると、少年は彼女と共にテレビを見ていた。だが、午前9時頃、台所にいた […]
  • NCC=鴨井ルーベンス氏が新会長に=前任者方針を継承、課題熟知=日系最大のスポーツクララブ2021年5月12日 NCC=鴨井ルーベンス氏が新会長に=前任者方針を継承、課題熟知=日系最大のスポーツクララブ  サンパウロ州アルジャ市にある日系最大のスポーツクラブ、ニッポン・カントリークラブ(佐々木ヴァルテル会長、以下NCC)は4月25日に総会を開催し、12年間会長を務めた佐々木氏が勇退し、鴨井春海ルーベンス氏(62歳)が新会長に就任した。単一シャッパで24年までの新理事会が […]