ホーム | Free | 聖州相撲大会、今週末に=世界大会への選手派遣に協力を!

聖州相撲大会、今週末に=世界大会への選手派遣に協力を!

来社した一行

来社した一行

 ブラジル相撲連盟(土屋守雄オスカル会長)は「第41回聖州男子相撲選手権大会、第21回聖州女子相撲選手権大会」を、24日午前8時からボン・レチーロ区の常設土俵場(Av. Presidente Castelo Branco, 5446)で開催する。

 幼々年、幼年、青年の強化を目的とした今大会は、今年からは成年を加え4階級で行われる。州内から約300人の力士が集い、腕を競い合う。23日には、10月に米ハワイで開催される世界選手権大会の出場枠を賭けた予選が行われる。

 案内のため来社した籠原功名誉会長、土屋会長、木本忠昭副会長、大瀧多喜男渉外部長は「世界選手権には男女合わせて16人を派遣したい。今日まで相撲を残してくれた諸先輩に感謝しつつ、日系企業から協力を得て派遣を続けていきたい」と話した。

 なお、19―23年の連盟新役員は以下の通り(敬称略)。

▼名誉会長=下本八郎、岡元要一、赤木政敏、籠原功▼顧問=桑原三郎、堤正昭、東誠、猫塚司、北原龍造会長=土屋守雄オスカル副会長=樋口貴大ウィリアム、木本忠昭、小齋平徹、フェルナンダ・ロジャス会計監査=ケウピス・ゴメス、上原実、樋口義弘ワグネル会計監査(副)=ルーベンス・サウセード、坂下義弘、上原エリオ技術部長=黒田吉信総務ウェリントン・ベゼーラ副総務=渡辺ルシアーナ渉外部長=大瀧多喜男地方理事=アダイウトン・スパラヴィエリ(グランデABC)、渡辺ルシアーナ(ノーヴァ・セントラル)、清田武久(北)、ルーベンス・サウセード(聖)、籠原パウロ(サント・アマーロ)、大瀧多喜男(聖南西)、ダニエル・ゲーデス(リオ)、佐藤勇三(南大河)、プリニオ・モウラ(パラー)

image_print

こちらの記事もどうぞ