ホーム | ブラジル国内ニュース | カンヌ映画祭=メンドンサ・フィーリョの新作が好評=3年前にジウマ大統領罷免反対デモで話題の監督

カンヌ映画祭=メンドンサ・フィーリョの新作が好評=3年前にジウマ大統領罷免反対デモで話題の監督

カンヌ国際映画祭に集まった、「バクラウ」製作関係者達(15日付オ・グローボ紙サイトの記事の一部)

カンヌ国際映画祭に集まった、「バクラウ」製作関係者達(15日付オ・グローボ紙サイトの記事の一部)

 現在開催中の第72回カンヌ国際映画際で15日、ブラジルからのコンペティション参加作品で、3年前の同祭のレッド・カーペットでの抗議行動で国際的に有名になったクレベル・メンドンサ・フィーリョ監督の新作「バクラウ」が上映され、好評を博している。
 メンドンサ・フィーリョ監督は2016年、「アクエリアス」でカンヌのコンペティションに参加したが、その時は、作品そのものよりも、レッド・カーペットで監督、出演者総勢で行った、「ジウマ大統領罷免反対デモ」の方が国際的な話題となった。この当時、ジウマ大統領は下院で罷免が承認され、上院でも罷免審議を受け付ける(継続する)と決定したことで、大統領を停職処分(8月に正式に罷免)となっていた。
 ただ、「アクエリアス」はカンヌでの入賞こそなかったものの、作品の評価は高く、映画祭によっては、主演を務めたベテラン女優、ソニア・ブラガが主演女優賞を受賞するものも見られた。
 それから3年、メンドンサ・フィーリョは新作「バクラウ」を引っさげてカンヌに戻ってきた。
 前作「アクエリアス」が、ペルナンブッコ州に住む音楽評論家の女性が古くからの自宅の立ち退きに反抗する社会的なストーリーだったのに対し、「バクラウ」はブラジルの寒村にドキュメンタリーを撮影に来た集団が、この田舎の人たちの異様な雰囲気に恐怖を感じはじめ、やがて生き残りをかけて戦うことになるホラー、サスペンス系の映画だ。
 今回のコンペティション作品の中ではかなり早い段階で公開された「バクラウ」は、観客にはおおむね好評だった。批評家の評価も、イギリスのガーディアン紙で著名映画評論家のピーター・ブラッドショー氏は、「アレハンドロ・ホドロフスキーやクリント・イーストウッドの作品を思い出させる。奇妙な映画だが、他の何物にも替えられない独自性がある」と評価した。
 また、アメリカのネットのエンターテイメント・メディア「ザ・ラップ」は、「田舎の現実に対する現在の政府の無防備さや、アメリカが世界で本来果たすべき役割を果たしていないことへの警鐘とみることができる」と評した。
 また、アメリカの映画サイト「インディ・ワイアー」は、「黒澤明の『七人の侍』が、カルト・ホラー監督イーライ・ロスと混ざったような感じだ」と評している。
 奇しくも今回の「バクラウ」のカンヌでの上映は、ブラジルでの連邦大学などへの支出削減反対デモの最中に行われたが、メンドンサ・フィーリョは抗議活動は行わなかった。だが、「(抗議行動を)全面的に支持したい」と語っている。(15日付オ・グローボ紙サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 《ブラジル》大統領がインド首相にクロロキンで電話=ワクチンとは対照的な迅速対応=CPIで深まった女隊長の疑惑2021年6月16日 《ブラジル》大統領がインド首相にクロロキンで電話=ワクチンとは対照的な迅速対応=CPIで深まった女隊長の疑惑  すでに「効用がない」との研究結果が出た後も、外務省がインドの企業3社にクロロキンを求めていたことや、連邦政府がファイザー製薬のワクチンの返事に2カ月かかっていたところが、クロロキンだと15分で返答を行っていたことなどが明らかになった。さらに、上院のコロナ禍の議会調査委 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低2021年6月15日 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低  国民の大半がコロナ禍を理由に開催を反対する中、ブラジル開催のサッカーのコパ・アメリカが低調にはじまった。14日付現地紙などが報じている。  コロナ第3波が恐れられる中でのブラジルでのコパ・アメリカ開催に、国民は強い反発を示している。11日にXPインヴェスチメントスが […]
  • 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介2021年6月15日 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介  大統領府通信局(SECOM)元局長のファビオ・ワインガルテン氏が、フェイクニュース捜査の対象のブログ運営者に政府協力メディアの存在を明かし、同氏に有利に計らうことを約束した様子が音声データとともに報じられた。13、4日付現地紙が報じている。  これは13日付グローボ紙が独占 […]