ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 昭和天皇の初孫で、今上陛下の甥にあたる元皇族の東久邇信彦さんが、20日、病気のために亡くなった。享年74。戦後、ブラジルに移住し、「昭和の天孫降臨」と言われた故・多羅間俊彦さんの甥にあたる。東京大空襲の最中に自宅の防空壕で誕生した信彦さんは、47年10月に皇籍離脱を余儀なくされたうちの一人。高円宮憲仁親王薨去の際には、信彦さんを通じて弔電を送るなど、多羅間さんと縁の深い人物だった。通夜は26日午後6時、葬儀は27日午後1時から東京都文京区大塚5の39の1の豊島岡墓地参集所で行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2006年8月4日 東西南北 2006年8月4日付け […]
  • ニッケイ俳壇(886)=星野瞳 選2016年4月27日 ニッケイ俳壇(886)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎念腹の残党奥地の虚子忌わする山鳥が鳴く移住地に蕎麦を蒔く咲き満ちて百日草が今主役我を見ており鰐の眼のまたたかず春惜しむ角笛を吹き鳴らすなり【いよいよ百才をむかえられた稚鴎さん。必ず投句を忘れずにして下さる。物忘れがひどいとは云われるが […]
  • 年金受給者の再登録検討=2300万人対象、年内にも2005年6月14日 年金受給者の再登録検討=2300万人対象、年内にも 6月14日(火)  【エスタード・デ・サンパウロ紙十三日】社会保障院(INSS)は現在の年金受給者二千三百万人を対象に、再登録を年内に行う意向で具体的検討を開始した。 […]
  • 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費2020年6月26日 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)の足立操事務局長が70歳になったために、4月13日をもって定年退職した。それに伴って前園マルセリーノ武弘事務局次長(58、二世、ブラガンサパウリスタ出身)が「事務局長代理」に昇格した。  コロナ禍の影響で足立元事務局長は、3月か […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(44)2017年8月23日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(44)  青年隊の中には、妻帯し、5~6名の子の父として、円満な家庭と経済的基盤を築き、子弟の教育は勿論、県人コロニアの範たる中堅指導者として多くの成功者と肩を並べて手広く商売を営む者、また模範的篤農青年としての農業経営者、あるいは工業経営者としている者が輩出している。  いまやあら […]