ホーム | 日系社会ニュース | 農水省が白石さんを任命=「日本食普及の親善大使」

農水省が白石さんを任命=「日本食普及の親善大使」

白石さん

白石さん

 日本食・食文化の海外へのより一層の普及促進のために農林水産省が任命する「日本食普及の親善大使」に、当地から日本食レストラン「藍染」のオーナー兼シェフの白石清水佑佳テルマさんが任命された。

 これは15年以来、今年で5年目。今回は、国内外から17人が新たに親善大使に任命され、うち10人は海外在住邦人、及び外国人だった。

 親善大使には、農水省が実施する普及事業に対する協力や、自らの活動を通じた情報発信、プロの視点に立った日本食料理関係者への助言等を通じて、日本食・食文化の普及に貢献することが期待される。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2009年12月16日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年12月16日付け […]
  • 日本の刺青文化の将来憂う=日系和彫り師、島田さん=(下)=「和彫り職人が消えてしまう…」2018年4月18日 日本の刺青文化の将来憂う=日系和彫り師、島田さん=(下)=「和彫り職人が消えてしまう…」  島田さんは2014年に帰伯し、リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街に『Shimada Tatoo』を開店した。帰国理由を聞くと「当時、外国人客が減っていた。あと刺青を彫る職業が社会的に認められていないこと」と挙げた。  例えば、日本では彫師は職業として認められていないた […]
  • コラム オーリャ!2004年11月20日 コラム オーリャ!  「このごろ、さっぱり聴こえなくなった。とし(年齢)のせいだな、と当社を訪ねて来る人が、けっこういます。でも、長年耳アカを溜めて、聴こえなくなっている人が案外多い」――補聴器販売・ライソン社(日系)の日本語を話す女性社員の話だ。 […]
  • 「新興国には戦略的な役割」=ダボス会議で大統領演説=ブラジル経済への不信払拭図る2014年1月28日 「新興国には戦略的な役割」=ダボス会議で大統領演説=ブラジル経済への不信払拭図る ニッケイ新聞 2014年1月28日 22日から25日までスイスのダボスで開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に、ブラジルからジウマ大統領も出席した。24日に約30分の演説を行い、「世界金融危機の終焉に伴い、新興国の経済は活気を失いつつあるという説は早まっている […]
  • ■今週末の催し2009年12月10日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2009年12月10日付け 12日 土曜日  文協絵画教室第36回生徒作品展、12日午前10時、文協貴賓室(R. Sao Joaquim, 381)、13日まで     □ […]