ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル北部ロンドニア州》ダム2基の決壊事故が発生=死傷者はゼロも、孤立者多数

《ブラジル北部ロンドニア州》ダム2基の決壊事故が発生=死傷者はゼロも、孤立者多数

 ブラジル北部ロンドニア州マシャジーニョ・ドエステ市で3月29日、二つのダムが決壊した。事故による死者や怪我人は出ていないが、100世帯近くが避難を余儀なくされたと、3月29日~4月1日の現地各紙・サイトが報じた。

 ロンドニア州政府の環境開発局が発表した情報によると、3月28日にマシャジーニョ・ドエステ市のオリエンテ・ノーヴォ地区を襲った豪雨が、堤防決壊に繋がったと見られる。

 同局によると、流れ出た水には重金属類は含まれておらず、環境汚染を起こす可能性は低い。また、ダムの管理責任会社メタルミグは、管理手法は適切で、事故の責任はないとしている。

 ロンドニア州政府の職員と、国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)の職員たちで構成されるタスクチームは、現地で被害状況の分析を行っている。

 ロンドニア州検察も、事故原因究明のための調査を開始した。この調査には、事故発生の責任の所在を突き止める目的もある。事故は地元の動植物の生態系にも影響を及ぼしたと、検察は発表している。

 地元の環境警察を指揮するワシントン・フランシスコ氏によると、ダムから流れ出た水が市内7本の橋を破壊したため、およそ350人が孤立状態に置かれたという。

 事故から3日目となる4月1日は、食料などを入手しようと、貧弱な板の橋を渡ったり、足が水に浸かったりしながら、落ちた橋の反対側に向かう人々の姿が見られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》国民の半数以上が飲酒を経験=様々な暴力行為との関係も2019年8月10日 《ブラジル》国民の半数以上が飲酒を経験=様々な暴力行為との関係も  オズワルド・クルス財団が発表した「ブラジル国民の薬物使用に関する調査報告書」によると、12~65歳の人の半数以上が、少なくとも数回はアルコール飲料を口にしていた事がわかった。  調査を行ったのは2015年5~10月で、12~65歳の人、1万7千人が回答。対象者には小 […]
  • 《ブラジル》法定アマゾンの7月の伐採面積は3・8倍=「扇情的な解釈」と環境相2019年8月10日 《ブラジル》法定アマゾンの7月の伐採面積は3・8倍=「扇情的な解釈」と環境相  【既報関連】国立宇宙研究所(Inpe)が衛星写真を使って解析した資料によると、7月の法定アマゾンの森林伐採面積は2254・8平方キロで、昨年同月の約3・8倍(278%増)だった。だが、リカルド・サレス環境相は「扇情的な解釈」との見解を明らかにしたと7~9日付現地紙、サ […]
  • エイケ・バチスタ=リオのLJ作戦で再逮捕=偽装会社でインサイダー容疑2019年8月10日 エイケ・バチスタ=リオのLJ作戦で再逮捕=偽装会社でインサイダー容疑  【既報関連】リオ州ラヴァ・ジャット(LJ)作戦の一環である、セグレド・デ・ミダス作戦が8日に発動し、元世界的富豪のエイケ・バチスタ氏が一時逮捕された。  エイケ氏には、米国在住の〃オ・ザルタ〃こと、ルイス・コレア氏と共に、市場操作やインサイダー取引、マネーロンダリン […]
  • ≪ブラジルサッカー≫交代激しいクラブチームの監督=3年続けば長期政権2019年8月9日 ≪ブラジルサッカー≫交代激しいクラブチームの監督=3年続けば長期政権    ブラジルのサッカー界では、どんな優秀な監督でも3年持てば長期政権。特に2003年以降は、最も続いた監督でも3年半しか続いていない。  そうした事実を印象付ける出来事がまた起きた。クルゼイロが、7日のブラジル杯準決勝第1試合での対インテルナシオナル […]
  • リオ市=男子高校生が流れ弾で死亡=学校へのバスを待つ時間に2019年8月10日 リオ市=男子高校生が流れ弾で死亡=学校へのバスを待つ時間に  9日午前、リオ市で、銃の流れ弾が当たって、バス停にいた18歳の男子生徒が亡くなった。9日付現地サイトが報じている。  現場はリオ北部のチジュッカ区で、亡くなったのは高校3年生のガブリエル・ペレイラ・アウヴェスさんだ。  事件が起こったのはこの日の午前7時20分頃で、ガブリ […]