ホーム | 日系社会ニュース | 飛瀬さん、大阪研修から帰国=「祖父母の苦労を知った」

飛瀬さん、大阪研修から帰国=「祖父母の苦労を知った」

帰国報告に来社した飛瀬さん

 大阪サンパウロ(聖)姉妹都市協会(吉川秀隆会長)の招致で2月22日から約2週間訪日していた飛瀬(とばせ)マリア・ジュリアさん(21、三世)が帰伯し、研修を終えた報告のために来社した。

 飛瀬さんは昨月11日に帰国。日本滞在中は大阪府を中心に東京、京都、兵庫、岡山などを訪問した。大阪大学の見学や弁護士事務所の視察、ホームステイ、海外移住と文化の交流センター(旧国立移民収容所)の訪問等を行い、充実した2週間を過ごした。

 大阪大学では日本の司法制度の説明を受けた。ブラジルのそれと比較し「日本は時間で区切って裁判を行い2~3年で長いと言われましたが、ブラジルは2~3年では早いくらい」とその違いに驚かされた。

 また、兵庫県神戸市では海外移住と文化の交流センターを訪問し、祖父母が出発した船の名前を調べる等ルーツに触れた。飛瀬さんは移住後の歴史は学んでいたが、移住収容所や船での生活を知ったのは初めて。「祖父母の苦難の詳細を知り、子孫として頑張らなきゃと思った」と身が引き締まったという。

 飛瀬さんの訪日は3回目だが、初めて社会人として訪れ、今まで得られなかった経験ができた。再び訪日したいのは勿論、「社会人として日本で生活してみたい」と目を輝かせた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 元代表選手が日本企業と設立=サッカー選手育成センター=大クラブで活躍する人材育てる2019年8月1日 元代表選手が日本企業と設立=サッカー選手育成センター=大クラブで活躍する人材育てる  スカイライトコンサルティング株式会社(本社=東京都港区、羽物俊樹代表取締役)は、サッカー元伯国代表のエジミウソン・ジョゼ・ゴメス・モラエス氏と共同で設立した「スカイライト・ファイブ・コンスウトリア・エスポルチバ・ブラジル(SFCB)有限会社」を通して、プロサッカー選手 […]
  • サンパウロ日本人学校が寄付=44回目、日系福祉団体に2019年7月31日 サンパウロ日本人学校が寄付=44回目、日系福祉団体に  聖市カンポ・リンポ区のサンパウロ日本人学校(曽川和則校長)が、「愛の募金活動」で父兄から募った金品を、日系福祉4団体に寄付した。6月25日に、聖市のサンパウロ日伯援護協会本部の駐車場で贈呈式が行われ、各団体の代表者が出席した。  同校による寄付は、PTA(保護者と教 […]
  • 世界記録持つ“ホワイトジャック”=佐野医師、USPで専門家に講演=1ミリに8針縫う『無血手術』2019年7月31日 世界記録持つ“ホワイトジャック”=佐野医師、USPで専門家に講演=1ミリに8針縫う『無血手術』  「私の手術は血が出ないので『死体の手術をしているようだ』と言われる」――脳神経外科医の権威にして“ホワイトジャック”の異名を持つ佐野公俊(ひろとし)医師は、自らの手術についてそう説明した。医療機器の輸入・販売を行うパナメディカルシステム(板垣勝秀社長)とサンパウロ総合 […]
  • 名門静学サッカー部来伯!=サッカー王国で武者修行2019年7月27日 名門静学サッカー部来伯!=サッカー王国で武者修行  名門・静岡学園高等学校(静岡県静岡市所在)のサッカー部員29人、コーチら2人の31人が、技術向上に向けた遠征のため、22日に来伯した。8月6日まで滞在し、サンパウロFCやコリンチャンスなどのユースチームと対戦を行う予定。  同校サッカー部一行は22日着伯。24日には […]
  • 在聖総領事館=令和元年春の叙勲を伝達=公邸で7氏が受勲=文協で200人が盛大に祝宴2019年7月27日 在聖総領事館=令和元年春の叙勲を伝達=公邸で7氏が受勲=文協で200人が盛大に祝宴  在聖日本国総領事館(野口泰総領事)は「令和元年春の叙勲伝達・祝賀式」を25日午後、総領事公邸にて執り行った。親族や日系団体の関係者ら約80人が出席し、在聖総領事館管内7氏の受勲を祝福した。全伯では19人が受章している。  野口総領事は「皆さんがここに至るまでには、言 […]