ホーム | ブラジル国内ニュース | ベネズエラ=グアイド氏の議員特権を剥奪=いつ逮捕されても不思議がない状況に

ベネズエラ=グアイド氏の議員特権を剥奪=いつ逮捕されても不思議がない状況に

 ベネズエラの制憲議会が2日、同国最高裁からの要請を受け入れて、フアン・グアイド国民議会議長の議員特権剥奪を決めた。

 同国には、通常の選挙で選ばれ、反体制派主力の国民議会(国会)と、ニコラス・マドゥーロ大統領に組する体制派の制憲議会がある。

 グアイド議長は反体制派の代表で、1月23日に暫定大統領宣言も行った。グアイド氏は自己宣言の際、マドゥーロ氏の再選は、反体制派の候補者の出馬を阻害した上、前倒しで行ったため、投票率も極度に低かった不正な選挙での結果であり無効(米州諸国からなるリマグループも宣言直前に無効との判断を下していた)と主張。同国に深刻な経済的、政治的、人道的な危機をもたらしたマドゥーロ氏は、大統領としての職務を果たしておらず、実質的にも大統領は不在だから、同国憲法に従えば暫定大統領を選ぶ事が出来るとの理由付けもなされた。

 グアイド氏に対しては、やはり体制派の同国最高裁が、最高裁の許可を得ずに国外に出る事を禁じ、財産の凍結などを命じていた。だが、グアイド氏は、2月下旬から3月上旬にコロンビア、ブラジルなどを歴訪。その後も、マドゥーロ政権への批判を繰り返し、積極的に抗議行動を呼びかけてきた。

 同氏に対しては、南米諸国歴訪中に、マドゥーロ氏が処罰は免れないと発言しており、同氏を暫定大統領と認める50余りの国々も、動向を注視していた。

 このような中、同国最高裁が1日、グアイド氏が最高裁の命令に従わなかった事を理由に、議員特権剥奪を決め、制憲議会にもそれを承認する事を求めた。また、暫定大統領宣言を行い、不正な形で大統領としての職務を行い、国民を惑わした事に対する審理開始の認可も求めた。

 グアイド氏は即座に最高裁の決議は無効と宣言したが、制憲議会は2日に満場一致で議員特権剥奪を承認。不正な形で大統領としての職務を行ったとの嫌疑についても、最高裁での審理を認める決議を行った。

 グアイド氏の身辺では既に、一番の側近がテロ行為に加担したとの嫌疑で未明に身柄を拘束されるなどの事件が起きている。また、グアイド氏に対しては、同国検察庁が広域停電発生の責任を問う姿勢なども見せているため、議員特権が剥奪された現在は、いついかなる形で逮捕劇が発生してもおかしくない状況といえる。(2、3日付エスタード紙、G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》史上最悪、殺人犠牲者6万5千人=北部、北東部での増加目立つ2019年6月6日 《ブラジル》史上最悪、殺人犠牲者6万5千人=北部、北東部での増加目立つ  応用経済調査院(IPEA)とブラジル治安フォーラムが5日、17年の殺人事件の犠牲者は6万5602人、人口10万人あたり31・6人で、史上最悪の記録となったと発表したと5日付現地紙サイトが報じた。  この数字は保健省の統計資料を基に集計されており、13年~17年の死者 […]
  • リオ州=インフルエンザで28人死亡=予防接種の期間が延長される2019年6月6日 リオ州=インフルエンザで28人死亡=予防接種の期間が延長される  リオ州保健局は5日、今年に入ってからこれまでに州内で発生したインフルエンザ患者は105人で、内28人が死亡しと発表した。同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  これは昨年全体の死者数30人にほぼ匹敵する(昨年の年間罹患者数は233人)。  保健局によると、死者の […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出2019年6月6日 《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出  ボウソナロ大統領は4日、下院に道路交通法修正法案を提出した。その法案では免停までのポイントが従来の20点から40点に大幅に緩和されるなど、交通事故の増加が懸念される内容となっている。5日付現地紙が報じている。  この修正法案では、免停までのポイントが2倍になるだけでなく、6 […]
  • ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行2019年6月5日 ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行  昨年の大統領選挙期間中、当時大統領候補だった現大統領のジャイール・ボウソナロ氏のキャンペーン・ジングルも担当したことで知られていたファンキ歌手のMCレアサ(26)が1日、サンパウロ州ヴァリーニョスで遺体で発見された。  タレス・ヴォルピ・フェルナンデスことレアサは、1日夜、 […]
  • 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に2019年6月5日 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に  施設老朽化なども原因か、1~4月のサンパウロ市の地下鉄と郊外電車(CPTM)の停止件数が、昨年同期比37%増の52件に達した。この数字は、2011年の情報公開法の発効後、最悪となっている。  機関別の運行停止件数は、地下鉄34件、CPTM18件(昨年同期は32件と6 […]