ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》危険なダムの監査進まず=運用停止計画も立てられず

《ブラジル》危険なダムの監査進まず=運用停止計画も立てられず

 【既報関連】300人を超す死者(身元確認済み217人、行方不明者84人)を出したミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊事故から、2カ月以上が経過した。ミナス州だけでも、決壊の可能性が指摘され、決壊した際は大きな被害が出ると予測される鉱滓ダムが多数ある。ブルマジーニョダムの管理責任会社であるVale社は、既に少なくとも6社に、州内八つのダムの監査を断られたと、3日付現地紙が報じた。

 Valeはミナス州内に所有する危険なダムの運用停止を行おうとしているが、監査担当会社が決まらないため、国家鉱業庁(ANM)や州の環境局へのダム運用停止計画書の提出が困難になっている。

 運用停止計画書には、ダム内部の鉱滓や泥水をどう処理するか、また、ダム利用を停止した後にどのように土地を活用するかが記入される。

 Vale側は「3月22日に、危険なダムの運用停止を行うことを求めた」としているが、そのために必要な計画書を出したかどうかは明らかにしていない。

 オウロ・プレット連邦大学のカリーナ・バルボーザ教授は、「ミナス州内の状況は狂気じみている。ダムの状況について毎日異なった情報が出てくる。それなのに、肝心な危険なダムの運用停止計画については知らされていない」と語った。

 1月25日に起きたブルマジーニョでの事故の後、決壊の危険度が3に引き上げられたダムの周辺5市では、事故が発生したら逃げるための時間がないとして、即刻退去させられた人、計943人が、今も自宅に戻れずにいる。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=今週、感染者100万人の大台超えへ=長引きそうな経済回復2020年6月17日 《ブラジル》コロナ禍=今週、感染者100万人の大台超えへ=長引きそうな経済回復  【既報関連】新型コロナウイルス蔓延のピーク越えか、第2の波の到来を招くかの分かれ目にある中、現段階ですら「経済の回復は他国より遅い」との見通しが発表されたと16日付現地紙が報じた。  16日夜の保健省発表による死者は1282人増(計4万5241人)、感染者数は3万4 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数の増加率が減速化=隔離緩和の結果はこれから2020年6月16日 《ブラジル》コロナ死者数の増加率が減速化=隔離緩和の結果はこれから  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大は続いているが、死者数が前週平均より減る傾向がでてきた。15日の保健省発表の死者数は627人(計4万3959人)、感染者数は2万647人増(計88万8271人)だった。  1日の感染者や死者の集計数は週末や休日の影響を受けるた […]
  • 《リオ市》献血者の28%にコロナの抗体=4月の調査時の12倍に2020年6月17日 《リオ市》献血者の28%にコロナの抗体=4月の調査時の12倍に  新型コロナウイルスによる感染者や死者が全国で2番目に多いリオ州の献血センターで、献血者がコロナウイルスに対する抗体を持っているか否かを調査したところ、28%の人が抗体を持っている事がわかった。  リオ州保健局の管轄下にある州立アルトゥル・シケイラ・カヴァウカンチ血液 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数がイギリス抜き世界2位に=実際の感染者は公式数の6倍2020年6月13日 《ブラジル》コロナ死者数がイギリス抜き世界2位に=実際の感染者は公式数の6倍  【既報関連】新型コロナウイルスの死者が12日、イギリスを抜いて世界2位になった。12日付でイギリスは4万1481人で新規0人、12日夜の保健省発表の死者数は909人増の計4万1828人だったので、軽々と超え、まだまだ上昇曲線を描いている。またペロタス連邦大学の抗体調査 […]
  • 《ブラジル》パンデミックでネット利用が急増=苦情の数も跳ね上がる2020年6月16日 《ブラジル》パンデミックでネット利用が急増=苦情の数も跳ね上がる  新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務などが増えた事で、インターネット利用が急増したが、それに伴って、苦情の数も増えている。  国家電気通信庁(Anatel)によると、インターネットの利用は40~50%増えている。多国籍企業や国際的な人権団体など、国外との通信を必要 […]