ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》危険なダムの監査進まず=運用停止計画も立てられず

《ブラジル》危険なダムの監査進まず=運用停止計画も立てられず

 【既報関連】300人を超す死者(身元確認済み217人、行方不明者84人)を出したミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊事故から、2カ月以上が経過した。ミナス州だけでも、決壊の可能性が指摘され、決壊した際は大きな被害が出ると予測される鉱滓ダムが多数ある。ブルマジーニョダムの管理責任会社であるVale社は、既に少なくとも6社に、州内八つのダムの監査を断られたと、3日付現地紙が報じた。

 Valeはミナス州内に所有する危険なダムの運用停止を行おうとしているが、監査担当会社が決まらないため、国家鉱業庁(ANM)や州の環境局へのダム運用停止計画書の提出が困難になっている。

 運用停止計画書には、ダム内部の鉱滓や泥水をどう処理するか、また、ダム利用を停止した後にどのように土地を活用するかが記入される。

 Vale側は「3月22日に、危険なダムの運用停止を行うことを求めた」としているが、そのために必要な計画書を出したかどうかは明らかにしていない。

 オウロ・プレット連邦大学のカリーナ・バルボーザ教授は、「ミナス州内の状況は狂気じみている。ダムの状況について毎日異なった情報が出てくる。それなのに、肝心な危険なダムの運用停止計画については知らされていない」と語った。

 1月25日に起きたブルマジーニョでの事故の後、決壊の危険度が3に引き上げられたダムの周辺5市では、事故が発生したら逃げるための時間がないとして、即刻退去させられた人、計943人が、今も自宅に戻れずにいる。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》国民の半数以上が飲酒を経験=様々な暴力行為との関係も2019年8月10日 《ブラジル》国民の半数以上が飲酒を経験=様々な暴力行為との関係も  オズワルド・クルス財団が発表した「ブラジル国民の薬物使用に関する調査報告書」によると、12~65歳の人の半数以上が、少なくとも数回はアルコール飲料を口にしていた事がわかった。  調査を行ったのは2015年5~10月で、12~65歳の人、1万7千人が回答。対象者には小 […]
  • 《ブラジル》法定アマゾンの7月の伐採面積は3・8倍=「扇情的な解釈」と環境相2019年8月10日 《ブラジル》法定アマゾンの7月の伐採面積は3・8倍=「扇情的な解釈」と環境相  【既報関連】国立宇宙研究所(Inpe)が衛星写真を使って解析した資料によると、7月の法定アマゾンの森林伐採面積は2254・8平方キロで、昨年同月の約3・8倍(278%増)だった。だが、リカルド・サレス環境相は「扇情的な解釈」との見解を明らかにしたと7~9日付現地紙、サ […]
  • エイケ・バチスタ=リオのLJ作戦で再逮捕=偽装会社でインサイダー容疑2019年8月10日 エイケ・バチスタ=リオのLJ作戦で再逮捕=偽装会社でインサイダー容疑  【既報関連】リオ州ラヴァ・ジャット(LJ)作戦の一環である、セグレド・デ・ミダス作戦が8日に発動し、元世界的富豪のエイケ・バチスタ氏が一時逮捕された。  エイケ氏には、米国在住の〃オ・ザルタ〃こと、ルイス・コレア氏と共に、市場操作やインサイダー取引、マネーロンダリン […]
  • ≪ブラジルサッカー≫交代激しいクラブチームの監督=3年続けば長期政権2019年8月9日 ≪ブラジルサッカー≫交代激しいクラブチームの監督=3年続けば長期政権    ブラジルのサッカー界では、どんな優秀な監督でも3年持てば長期政権。特に2003年以降は、最も続いた監督でも3年半しか続いていない。  そうした事実を印象付ける出来事がまた起きた。クルゼイロが、7日のブラジル杯準決勝第1試合での対インテルナシオナル […]
  • リオ市=男子高校生が流れ弾で死亡=学校へのバスを待つ時間に2019年8月10日 リオ市=男子高校生が流れ弾で死亡=学校へのバスを待つ時間に  9日午前、リオ市で、銃の流れ弾が当たって、バス停にいた18歳の男子生徒が亡くなった。9日付現地サイトが報じている。  現場はリオ北部のチジュッカ区で、亡くなったのは高校3年生のガブリエル・ペレイラ・アウヴェスさんだ。  事件が起こったのはこの日の午前7時20分頃で、ガブリ […]