ホーム | 日系社会ニュース | 辻外務大臣政務官が初来伯=四世ビザ「様々な可能性含め検討」

辻外務大臣政務官が初来伯=四世ビザ「様々な可能性含め検討」

慰霊碑に献花した

 2日午前、辻清人外務大臣政務官(自民党)が聖市のイビラプエラ公園内の開拓先亡者追悼慰霊碑に献花し、日本館を視察した。本紙の取材に応じた辻外務大臣政務官は、当地から要望の強い日系四世ビザの要件緩和について「様々な可能性も含めて検討している」と言及するに留まった。

 同政務官は「世界の中でも、ブラジルは有数の親日国。日本には20万人の中長期滞在者がおり、こちらには200万人の日系人がいる。日伯関係において繋がりを最も象徴しているのが日系人」と重要性を強調した。

 昨年7月に施行された日系四世ビザは、年間目標人数を4千人程度としながらも、当地での発給件数は一桁の域を出ていない。特に日語能力や年齢制限、家族帯同不可等の厳しい要件が阻害していると見られ、要件緩和を求める署名活動も実施されている。

 同政務官は「様々な意見が出ていることは承知している。現在、法務省と外務省が連携して、様々な可能性を含めて検討している状況だ。双方にとってよい形を作るのは当然のことだ」と話し、要件緩和も含めた検討が進展していることを示唆した。

 また、今月1日に施行した在留資格「特定技能」による外国人労働者の受け入れ拡大制度について、「9カ国で試験実施しているが、ブラジルが除外されているわけではない。中長期で日本で働いている伯人にも門戸は開かれている」と話す。 「今後ブラジルも含めて様々な国と開かれ、責任を持った形で、来る方々も受入れる我々も互恵関係を築くために、しっかりと制度を見守り、様々な要望を頂いて臨機応変に対応していきたい」と見通した。

 辻外務大臣政務官は、パラグアイ、ペルー、米国を訪問し、6日に帰国する。

 

 

 

 

 

 

 

 

□大耳小耳□関連コラム

     ◎

 日本では、1日から外国人労働者の受け入れ拡大のために作られた新在留資格「特定技能」が始まった。滞在期間が最長5年で単身が条件の「特定技能1号」の対象は14業種で、人数の上限は計約34万5千人。受け入れは当面、ベトナム、フィリピン、カンボジア、中国、インドネシア、タイ、ミャンマー、ネパール、モンゴルの9カ国からとなっている。西森ルイス下議は、ここにブラジルを含めるよう、日本政府に依頼している最中だ。これが実現すれば、日系人だけでなく一般ブラジル人も日本で就労できるようになる。それが実現すれば、一気に訪日希望者が増えそうだが、果たしてどうなるか?

image_print

こちらの記事もどうぞ