ホーム | Free | 金子謙一さん個展、5月末まで=移住59年間の歩みを展示

金子謙一さん個展、5月末まで=移住59年間の歩みを展示

59年間の金子さんの作品を飾った展示会

 画家の金子謙一さん(84、神奈川県)が移住59年間に描いた作品の展示会「VEREDAS(小道)」を今月4日から5月30日まで、サンパウロ市セントロにある郵便局文化センター(Av. São João, s/nº, Vale do Anhangabaú)で開催している。入場無料。開催時間は、月曜日から金曜日の午前10時から午後5時まで。

 映画『Gaijin』『汚れた心』(Corações Sujos)等の数多くの映像作品に俳優として出演する金子さん。今回は本業である抽象画家として、1960年から描いた絵画50点と手書きの俳句を展示している。

 また、来場者への絵のプレゼントや、会場で合唱などのパフォーマンスも予定している。

 金子さんによると「来てくれた人が自由に感じられるように」という理由から、テーマ等は決めていない。絵画に題名はなく、「来場した人に付けてもらいたい」と話す。

 渡伯前に描いた絵をはじめ、色鮮やか作品から東日本大震災の津波に影響を受けた重厚な作品まで、表現は多彩だ。

 金子さんは「作品を見た時に出てくる感想は、自分の経験に基づいたもの。自分自身を再発見するような展示会になれば」と語り、来場を呼びかけている。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■記者の眼■大迷惑こうむる近隣店主=遅れるW杯工事と同じ図式か2014年5月15日 ■記者の眼■大迷惑こうむる近隣店主=遅れるW杯工事と同じ図式か  「店の前の日よけ屋根を工事の1週間前に取り替えたばかりだったのに、ほこりまみれ。客足が激変して従業員も解雇せざるをなかった…工事のことを誰に聞けばいいかもわからなかった」。ガルボン街の排水管工事現場のまん前で精肉店を営むカワカミ・アレシャンドレさんは、説明会の後、いかにも […]
  • イベント情報2019年7月11日 イベント情報 EXPOSIÇÃO   DŌ – A CAMINHO DA SERENIDADE Onde: Japan House São Paulo (Avenida Paulista 52, Térreo, Bela Vista) De 29/06 a […]
  • 新リーダーら4人を顕彰=「百周年へ更なる活躍を」2003年6月24日 新リーダーら4人を顕彰=「百周年へ更なる活躍を」 6月24日(火) […]
  • コラム 樹海2008年3月11日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2008年3月11日付け […]
  • コロニアの外でも着物ショーを2017年5月31日 コロニアの外でも着物ショーを  文協初の試みとなった『着物ショー』。豪華な着物を身に着けた人々が優雅に舞台を歩き、日本の伝統衣装を披露した。  若年層も見やすいファッションショーという形で日本文化を紹介する良いイベントだった。しかし、会場内を見て回ると、非日系人の来場はおよそ2割。少しもったいないように感 […]