ホーム | ブラジル・グルメ | 「ミナスの秘密」を味わう=Segredos de Minas

「ミナスの秘密」を味わう=Segredos de Minas

ピカーニャ・ミネイラ

 地下鉄緑線コンソラソン駅から徒歩5分。「ミナスの秘密」こと「Segredos de Minas」は、ミナス・ジェライス州出身のジュリオ・セーザルさんらが経営する人気ミナス料理店だ。
 シンボルマークは三日月。昼はボリュームたっぷりのミナス料理が楽しめるレストランとして、夜はおしゃれなバーとして聖市民に愛されている。

店舗外観

 「ミナス料理」とはブラジル南東部ミナス・ジェライス州の伝統料理の総称。先住民の食文化と19世紀に同地で金鉱山が発見された際に、採掘のために集住を始めたポルトガル人、アフリカ人、イタリア移民、インディオなどの食文化が混ざり合って誕生した。
 お勧めは「ピカーニャ・ミネイラ」(3人前、129・90レアル)。約160gのピカーニャのステーキが5枚、熱々の鉄板に乗って出される。「鉄板で出すのがミナス流。香ばしい匂いと焼ける音がたまらないんだ」とジュリオさん。
 付け合せは名物の「フェジョン・トロペイロ」。トロペイロとは家畜追いのこと。植民地時代の物流は、トロペイロらがロバなどの家畜に荷を負わせて担っていた。そのトロペイロが携帯していたフェイジョン豆の料理がベースだ。

ジュリオ・セーザルさん

 普通のフェイジョンはそれだけで食べるものではなく、スープ状なので持ち運びが難しい。だが、フェイジョン・トロペイロには、マンジョカ芋粉、粗挽きトウモロコシ粉、豆、堅揚げベーコンなどが入っており、水分が少ないので持ち運びでき、それだけでも美味しく食べられる。
 一緒に出てくるトウモロコシ粉を捏ねて揚げた「ポレンタ・フリット」は、イタリア移民が持ち込んだと言われるもの。ご飯、ビナグレッチ(みじん切り香味野菜の酢和え)もついてくる。
 デザートには「ドッセ・デ・レイテ」(8・90レ)がお勧め。ミナス名物「ケージョ・ミナス」に練乳をかけたもの。ケージョ・ミナスは、ミナス州で製造されたフレッシュチーズを指す。熟成させないので水分量が多く、瑞々しい食感が特徴。ほんのりとついた塩味が練乳の甘さを引き立てる一品だ。
 その他にも「レイトン・プルルッカ」(揚げ豚皮)や「メシーダ・ミネイラ」(ミナス風混ぜご飯)なども一食の価値あり。どのメニューも日本人には量が多いので、家族や同僚など5人程度で誘い合わせて行くことをお勧めする。

▼店舗情報
 住所: Rua Haddock Lobo, 187 ― Cerqueira César ― São Paulo – SP, 01414-001
 電話番号: (11) 3151―2079
 営業日:毎日11時30分~23時45分
 WEBサイト: http://segredosdeminas.com.br/haddock/

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モンチアズールで文化祭=日本からもボランティア2019年11月14日 モンチアズールで文化祭=日本からもボランティア  ファベーラ地区で教育・福祉ボランティア活動を行うドイツ系NGO団体モンチアズール・コミュニティ協会(ウテ・クレーマー代表)が10月27日、サンパウロ市南部ジャルジン・オリゾンテ・アズール地区の同協会学校で毎年恒例の「Festa dos […]
  • 気候変動と燃えるアマゾン―文明のあり方を問う=聖市ヴィラカロン在住 毛利律子2019年10月30日 気候変動と燃えるアマゾン―文明のあり方を問う=聖市ヴィラカロン在住 毛利律子  2011年3月11日、私たちは日本列島の東北海岸一帯で起きた大津波が、人の営みを容赦なく一瞬にして押し流す自然の猛威による惨状を目の当たりにした。誰もが決して忘れることのできない恐ろしいものが、脳裏に刻まれた。  それ以来、毎年と言っていいほど、台風による大雨、時季 […]
  • 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(21)=グァタパラ移住者が大集合!2019年11月9日 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(21)=グァタパラ移住者が大集合!  二河川合流点へ向かうボートは、2つに分かれた。一緒になった伊東信比古さんは、いつものようにビールを持ち込み、色んな人に配り始めた。「この旅行中、朝、昼、晩とずっと飲んでいますよね?」と山田康夫団長に聞くと、「午前中に6缶飲んでいた時もあったよ」と耳打ちされた。天晴であ […]
  • アマゾン火災騒動への違和感を読み解く2019年8月27日 アマゾン火災騒動への違和感を読み解く  アマゾンが国際世論やネット上でも燃えている――熱帯雨林伐採も森林火災も放置してはいけない。きちんとコントロールしなければいけない。その部分は、はっきりと言いたい。  その上で、先週からのアマゾンに対する国際世論を含めたボウソナロ政権への批判に奇妙な部分があることを指 […]
  • アマゾン90年目の肖像=「緑の地獄」を「故郷」に=(14)=起死回生の森林農法2019年9月10日 アマゾン90年目の肖像=「緑の地獄」を「故郷」に=(14)=起死回生の森林農法  「ここが舗装されていないので車の故障や事故も多い。パラー州政府は今年度の予算に組み込んでいると言いますが、動きはないですね」。車で第二トメアスー移住地に向かう途中、運転する林さんからそう説明された。  第二トメアスー移住地への道は土がむき出しだ。アマゾン移民90周年 […]