ホーム | コラム | オーリャ! | 文協選挙はこれでいい?

文協選挙はこれでいい?

 ブラジル日本文化福祉協会の評議員が、先月30日の総会で候補者87人の中から75人が選ばれた。来伯して日が浅い記者には今ひとつ仕組みが分からない。

 とくに気になったのが、当選者リストに「法人」(団体)と「個人」が同列に並んでいることだ。とても違和感を覚える。普通は別々のカテゴリーではないか。

 だいたい、その団体が文協の評議員に立候補したことを、団体の全会員が事前に承知しているのだろうか。なにかを評議員会で決議する場合、いちいちその団体の理事会に図って決めているのだろうか。それとも、会長に一任されているのか。

 事実上、会長に一任されているのであれば、団体の代表者が個人でも評議員に当選しているのが、「二重当選」のようで気にかかる。一人で二票行使できるのは、公平ではない。

 というか、1千人以上も会員を抱える連合会と、一個人が同じ一票しかないのは、「1票の格差」という民主主義の平等原則からしておかしい。

 有名な二世弁護士や高名な判事が関係しているはずなのに、「ブラジル日系社会を代表する」といわれる組織が、こんな風な妙なやり方で選ばれるのは正しいのか。長年変わらずに来ているのであれば、この際見直してみるべきかも。(亜)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 笑える冗談、笑えない冗談2019年6月5日 笑える冗談、笑えない冗談  昨月24日に、ボウソナロ大統領が記者会見で「小さい」の例えに日本を用いたという件。卑猥な意味も込められた冗談とされているが、ブラジル国内の日本人や日系人の反応は世代によって異なるのが興味深い。  ブラジルにいる日本人は、概ね冷めた目で見ている印象だ。同氏の連日の言動から「ま […]
  • チームワーク力2019年6月1日 チームワーク力  「車いすフェンシング世界選手権」が5月21~25日、聖市で開催され、オーリャ子は団体戦を観戦した。日本からは男子が出場したが3戦3敗。出場した藤田道宣選手は「日本は団体戦で個人戦をしている。チームとしての雰囲気が作れていない」との課題を挙げた。  団体戦は、いくら個々のメン […]
  • 東西南北2019年5月29日 東西南北  26日のデモで国民が金融活動管理審議会(COAF)をセルジオ・モロ法相の下に戻すよう訴えたため、上院が国民の支持するように変えようとしていたタイミングで、当のボウソナロ大統領が「変えてくれるな」との要求を行った。もっとも、同件は他の法案とセットになっているもので、それら全体の […]