ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》名TVディレクターのマウリシオ・シェルマン死去=数々の長寿番組の立役者

《ブラジル》名TVディレクターのマウリシオ・シェルマン死去=数々の長寿番組の立役者

 ブラジルのテレビ界を代表する名番組を手がけてきた名ディレクター、マウリシオ・シェルマン氏が17日、リオの自宅で亡くなった。88歳だった。同日付現地サイトが報じている。
 1931年にリオ州ニテロイ市で生まれたシェルマン氏は、幼い頃から劇俳優として活躍。ラジオのマウア局にも俳優として入り、18歳のとき、ラジオのグアナバラ局に移った。そこで、後の名コメディアン、シコ・アニージオや名歌手のエリゼッチ・カルドーゾと親交を持つ。
 テレビの仕事をはじめたのは1950年代からだが、最初は声の吹き替えなどを担当。1961年からは、トゥピ、エクセシオール、グローボの3局で主に芸能系の番組をつくって来たが、1973年、グローボで「ファンタスチコ」創設に立ち会う。ニュース番組に文化芸能の情報も混ぜたスタイルの同番組は大ヒットし、今日に至るまで、同局の日曜夜の長寿看板番組となっている。
 また、80年代初頭には、シコ・アニージオにオス・トラパリョンエスという当時のお笑い2大スターのレギュラー番組を担当。子供番組にも進出し、国際的にも大ヒットした人気女性司会者シューシャの出世にも一役買った。
 90年代以降もバラエティ・ショーの「ビデオ・ショー」、お笑い番組の「ゾーラ・トタル」まで、今日まで続く長寿人気番組の制作に携わっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカー=五輪代表、日本に敗れる=東京五輪で手ごわい相手に2019年10月15日 サッカー=五輪代表、日本に敗れる=東京五輪で手ごわい相手に  14日、ペルナンブッコ州レシフェのペルナンブッコ・アリーナで行われた五輪代表同士のサッカーの親善試合で、ブラジル代表は日本代表に2―3で敗れた。  6月に行われたフランスのトゥーロン・トーナメントで優勝して以来、好調なブラジル五輪代表はこの日、そのトゥーロンで決勝戦を戦った […]
  • 《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー2019年11月13日 《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー  強豪レアル・マドリッドで旋風を巻き起こしている18歳のブラジル人FWロドリゴが、11月の親善試合で待望のブラジル代表初召集を受け、ブラジルメディアのインタビューに答えた。  ロドリゴは代表初召集に関して、「サッカー選手なら誰でも、代表のユニフォームに袖を通すことに憧れる。昔 […]
  • ロック・イン・リオ終了=後半のハイライトを紹介=反ボウソナロと親LGBTで盛り上がる2019年10月8日 ロック・イン・リオ終了=後半のハイライトを紹介=反ボウソナロと親LGBTで盛り上がる  3~6日に、リオのシダーデ・デ・ロックで、9月27~30日に引き続く、ロック・イン・リオの4日目から7日目が開催された。後半の見どころを振り返ると…。  3日(木)のトリをつとめたのは米国の人気バンド、レッドホット・チリ・ペッパーズだったが、他の日のトリと比べた評判は決して […]
  • 《ブラジル》ニュートン・カルロス氏死去=ブラジルの国際報道の草分け2019年10月2日 《ブラジル》ニュートン・カルロス氏死去=ブラジルの国際報道の草分け  ブラジルの報道における国際派ジャーナリストの草分け的存在のニュートン・カルロス・デ・フィゲイレド氏(91)が、9月30日にリオ市で亡くなった。1日付現地紙が報じている。  1927年にリオ州マカエーで生まれたカルロス氏は、1950年代にジャーナリストとしての活動を開始。軍政 […]
  • ロック・イン・リオが開幕=若手・大御所そろい踏みで計7日間2019年9月28日 ロック・イン・リオが開幕=若手・大御所そろい踏みで計7日間  27日よりリオ市のシダーデ・デ・ロックで、通算8回目となる大型ロック・フェスティバル「ロック・イン・リオ」が、2週の週末、計7日間を使って開催される。  1985年に第1回目を開催。第4回目の20011年までは10年に1回ペースの開催だったが、2011年からは隔年で、現在の […]