ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》名TVディレクターのマウリシオ・シェルマン死去=数々の長寿番組の立役者

《ブラジル》名TVディレクターのマウリシオ・シェルマン死去=数々の長寿番組の立役者

 ブラジルのテレビ界を代表する名番組を手がけてきた名ディレクター、マウリシオ・シェルマン氏が17日、リオの自宅で亡くなった。88歳だった。同日付現地サイトが報じている。
 1931年にリオ州ニテロイ市で生まれたシェルマン氏は、幼い頃から劇俳優として活躍。ラジオのマウア局にも俳優として入り、18歳のとき、ラジオのグアナバラ局に移った。そこで、後の名コメディアン、シコ・アニージオや名歌手のエリゼッチ・カルドーゾと親交を持つ。
 テレビの仕事をはじめたのは1950年代からだが、最初は声の吹き替えなどを担当。1961年からは、トゥピ、エクセシオール、グローボの3局で主に芸能系の番組をつくって来たが、1973年、グローボで「ファンタスチコ」創設に立ち会う。ニュース番組に文化芸能の情報も混ぜたスタイルの同番組は大ヒットし、今日に至るまで、同局の日曜夜の長寿看板番組となっている。
 また、80年代初頭には、シコ・アニージオにオス・トラパリョンエスという当時のお笑い2大スターのレギュラー番組を担当。子供番組にも進出し、国際的にも大ヒットした人気女性司会者シューシャの出世にも一役買った。
 90年代以降もバラエティ・ショーの「ビデオ・ショー」、お笑い番組の「ゾーラ・トタル」まで、今日まで続く長寿人気番組の制作に携わっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]
  • 検察庁が性犯罪容疑で起訴=瞑想療法のカドモト氏を2020年11月14日 検察庁が性犯罪容疑で起訴=瞑想療法のカドモト氏を  複数の女性に性的暴行を働いたとしてカドモト・タダシ氏が起訴され、先月にサンパウロ州検察局が受理したと伯国内メディアが連日報道している。  グローボ局報道によると、昨年末にカドモト氏の経営する治療院に摂食障害を治療するため通っていたという女性が、州検察局へ性的暴行を受 […]
  • 《サンパウロ市市長選》ダッタフォーリャ支持率調査を差止め=ルッソマノの訴え認められる2020年11月12日 《サンパウロ市市長選》ダッタフォーリャ支持率調査を差止め=ルッソマノの訴え認められる  サンパウロ市市長選候補のセルソ・ルッソマノ氏(共和者・RP)の訴えが認められ、世論調査団体のダッタフォーリャが同市長選の世論調査の結果を発表できなくなる異例の事態となっている。11日付現地紙が報じている。  この判決は、サンパウロ州選挙裁が10日に出したもの。ダッタ […]
  • 《ブラジル》きな臭さ増す大統領長男の周囲=上議選で違法献金疑惑浮上=裏金1万2千レを15回払いで2020年11月11日 《ブラジル》きな臭さ増す大統領長男の周囲=上議選で違法献金疑惑浮上=裏金1万2千レを15回払いで  ボルソナロ大統領長男フラヴィオ上議のラシャジーニャ疑惑で、幽霊職員の給与の大量振り込みを受けていたファブリシオ・ケイロス容疑者が2018年のフラヴィオ氏の上院議員選で隠し口座に入金を行っていたこと、今年2月に射殺されたリオのミリシアの大物アドリアーノ・ダ・ノブレガ氏も […]
  • 東西南北2020年11月7日 東西南北  米国大統領選はジョー・バイデン氏が選挙人の過半数を獲得との見通しが強まったが、それを認めたくないトランプ大統領の抵抗ぶりが国際的にも大きな話題となった。5日夜には「バイデン氏側に明らかな不正がある」と記者会見を開き、「正当な票だけなら楽勝」と語ったものの、米国の3大テレビ局は […]