ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》名TVディレクターのマウリシオ・シェルマン死去=数々の長寿番組の立役者

《ブラジル》名TVディレクターのマウリシオ・シェルマン死去=数々の長寿番組の立役者

 ブラジルのテレビ界を代表する名番組を手がけてきた名ディレクター、マウリシオ・シェルマン氏が17日、リオの自宅で亡くなった。88歳だった。同日付現地サイトが報じている。
 1931年にリオ州ニテロイ市で生まれたシェルマン氏は、幼い頃から劇俳優として活躍。ラジオのマウア局にも俳優として入り、18歳のとき、ラジオのグアナバラ局に移った。そこで、後の名コメディアン、シコ・アニージオや名歌手のエリゼッチ・カルドーゾと親交を持つ。
 テレビの仕事をはじめたのは1950年代からだが、最初は声の吹き替えなどを担当。1961年からは、トゥピ、エクセシオール、グローボの3局で主に芸能系の番組をつくって来たが、1973年、グローボで「ファンタスチコ」創設に立ち会う。ニュース番組に文化芸能の情報も混ぜたスタイルの同番組は大ヒットし、今日に至るまで、同局の日曜夜の長寿看板番組となっている。
 また、80年代初頭には、シコ・アニージオにオス・トラパリョンエスという当時のお笑い2大スターのレギュラー番組を担当。子供番組にも進出し、国際的にも大ヒットした人気女性司会者シューシャの出世にも一役買った。
 90年代以降もバラエティ・ショーの「ビデオ・ショー」、お笑い番組の「ゾーラ・トタル」まで、今日まで続く長寿人気番組の制作に携わっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • コロナ禍がブラジル有名人にも=ロック歌手のディ・フェレーロら2020年3月14日 コロナ禍がブラジル有名人にも=ロック歌手のディ・フェレーロら  罹患者が100人を超え、大統領の訪米に同行した政府関係者にまで陽性反応が出たことで、ブラジルにおけるコロナウイルス・ショックが深刻度を増しているが、国内の有名人にも罹患者が発生している。  感染が確認されたのはロック歌手のディ・フェレーロだ。甘いマスクが売りもので、2000 […]
  • ボタフォゴ本田=給与返上をチームに申し出る=幹部は断るも、「模範的」と称賛2020年5月12日 ボタフォゴ本田=給与返上をチームに申し出る=幹部は断るも、「模範的」と称賛  ツイッターなどで新型コロナウイルスの世界的流行から派生する様々な問題にも発言しているボタフォゴの本田が、3月の給与を返上することをチームに申し出ていたことが分かった。  これはチーム幹部のカルロス・アウグスト・モンテネグロが、サッカージャーナリスト、ジョルジ・ニコラ氏主催の […]
  • 本田の次は長友?=イタリア時代のチームメイトがバスコ・ダ・ガマに勧誘2020年2月27日 本田の次は長友?=イタリア時代のチームメイトがバスコ・ダ・ガマに勧誘  リオの名門サッカークラブ、バスコ・ダ・ガマ(以下「バスコ」)に所属する元コロンビア代表MFのフレディ・グアリンが22日、インスタグラムに、自らと長友佑都とのビデオ会話の画面をスクリーンショットし、「兄弟、俺と一緒にプレーしに来いよ、バスコのファンは最高だ」とスペイン語とポルト […]
  • 《ボタフォゴ本田》デビューは15日バングー戦?=風邪から回復し練習合流=コロナ感染はチーム幹部が否定2020年3月12日 《ボタフォゴ本田》デビューは15日バングー戦?=風邪から回復し練習合流=コロナ感染はチーム幹部が否定  ボタフォゴの本田がようやくブラジルデビューを迎えそうだ。風邪による体調不良で、10日のブラジル杯パラナ・クルーベ戦を欠場した本田が、11日の練習に参加した。10日の試合を1対0で勝利したボタフォゴの次戦は、15日の午後4時キックオフ、リオ州選手権第2ステージのグループ・リーグ […]