ホーム | ブラジル・グルメ(2020年) | バール・ド・マネ=愛され続ける老舗サンドイッチ店=モルタデッラだけじゃない多彩な品揃え

バール・ド・マネ=愛され続ける老舗サンドイッチ店=モルタデッラだけじゃない多彩な品揃え

 サンパウロ市営市場(メルカドン)設立とともに、暖簾を上げた昭和8年創業のサンドイッチ屋「バール・ド・マネ(Bar do Mané)」。二代目店主マノエルが“マネ ”との愛称で呼ばれたことから、その店名を冠するようになった。市場を訪れる観光客、買い物客に長く親しまれてきた老舗店だ。

肉々しいボリューム満点のモルタデッラのサンドイッチ

 そんな同店自慢の一品が高級加工肉で有名なセラッチ製のモルタデッラ(ボローニャ・ソーセージ)を使った特大サンドイッチだ。ベストセラーは「シンプレス(Sanduiche Simples)」で通常サイズは23レアル、中身を大盛りにするなら26レアルだ。

 パン・フランセースのサクっとした食感に、齧るたびに肉汁が迸るジューシー、薄切りモルタデッラが病みつきになる。一見、一人前には大きすぎるようにも見えるが、食べてみると案外軽い。

 店の一押しは「チェダーチーズ/ベーコン」(Sanduiche Cheddar & Bacon)で、前記のものにチェダーチーズとベーコンを加えてダメ押ししたもの。普通が29、大盛りが32。

 豚ペルニウをはさんだサンドイッチ(Sanduiche Pernil)も大人気の一品。普通は24、大盛り27。けっこうバラエティもある。
 また肉がダメな人には干し鱈(Sanduiche Bacalhau)もある。これはパステルの方が有名だが、最近はサンドイッチの方も人気急上昇中だという。普通が29、大盛りが32。

 これでは多すぎるという人には、モルタデーラ・ライチ(Mordadela Light)のように中身を減らしたものもある。

 このサンドイッチを目当てに市場を訪れる人も多く、7割方が観光客で占められる。客足の多い土曜日には、モルタデッラの特大サンドだけでも約一千食も販売されるほどの大ヒット商品だ。

 だが、もともとは早朝に来た仕入業者が一仕事を終え、小腹を満たすために食べていたのが同店のサンドイッチだ。当時の客のほとんどは伊移民で、サラミと生ハムのものが主流。今ほどモルタデッラは人気がなく、サイズもごく普通だった。

 ところが、とある常連客が「モルタデッラが少ないから、もっと増やしてくれ」と注文するように。それを面白がったマネは、その客が来るたびに遊び心で量を増やしていった。それが裏メニューの噂となって広まり、正式メニューに加えられることに。当初100グラムだったモルタデッラは350グラムとなり、ここに特大サンドイッチが誕生した。

気さくな三代目店主マルコさん(右)とその子息

 「バール・ド・マネ」は、そんな客の声につぶさに耳を傾け、メニューを開発、拡大していった。三代目店主マルコ・アントニオ・ロウレイロさん(61、ポルトガル移民三世)は「信頼を失うのは簡単だが、築くのは難しい」と話す。

 幾度も経済不況に見舞われ、店舗の入れ替わりの激しい時代でも、「お客様第一」を貫いてきた。近年では、居酒屋おつまみコンクールに出展し、新しいメニューの開発に積極的に取組む。干し肉とモッツアレラチーズを包み込み、ピリッと甘酸っぱいソースに漬けて頂く、新商品「干し肉コロッケ」(Croquete de Carne Seca、16レ)もその一つだ。

ポルトガル移民4世代に亘って続く老舗店

 マルコさんによれば、特大サンドイッチの美味しさの秘訣は、その朝仕入れた新鮮なモルタデッラを使用し、注文を受けてから薄切りにすること。いたってシンプルだが、その伝統を守り続けている。

 近年、同店のメニューを真似た店舗が市場に続々と出来ている。そんななかでも、伝統の味を守りながら、客の新たな要望に応えながら革新を続ける「バール・ド・マネ」。市場に行った際には、まずは特大サンドイッチを味わってみて。

(2019年2月28日付ページより再掲載)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ウィーン名物シュトュルーデルならここ!=「ドッサリア・フィスシェール」(Doçaria Fischer)2020年12月4日 ウィーン名物シュトュルーデルならここ!=「ドッサリア・フィスシェール」(Doçaria Fischer)  ウィーン名物「アプフェルシュトュルーデル(Apfelstrudel)」をサンパウロで食べるなら、ここ! メトロのアウト・ド・イピランガ駅横のケーキ屋「フィスシェール」だ。ブラジル名「Bolo de Maca com […]
  • ア・ラ・カルテ・ミネイロ=サンパウロ市でミナスの醍醐味を味わう2020年11月6日 ア・ラ・カルテ・ミネイロ=サンパウロ市でミナスの醍醐味を味わう  メトロのサンジューダス駅から歩いて10分程、明るい黄色の建物が見える。店内に入ると広く落ち着いた雰囲気だ。  サンパウロ市ブルックリン区で2006年に創業し、今では市内に3店舗を構える。サンジューダス店は2つ目で、1日あたり約180人が来店する人気店だ。  創業者 […]
  • 上皇ご夫妻も食されたフェイジョアーダの名店=Bolinha – A Casa da Feijoada2020年10月24日 上皇ご夫妻も食されたフェイジョアーダの名店=Bolinha – A Casa da Feijoada  「朝の10時頃、突然予約の電話がかかってきてね。上皇ご夫妻は警察車両の先導でお越しになられたんだ。たくさんの警備が店のまわりを囲んでね、ご夫妻は10人くらいの日本人、日系人の方々とフェイジョアーダを召し上がられていったよ。感想を聞きたかったけど、そんな隙無くてね。満足 […]
  • MAWARI=高級志向の日本式回転寿司=味とブラジル一長いレーンで勝負2020年10月9日 MAWARI=高級志向の日本式回転寿司=味とブラジル一長いレーンで勝負  握りたての艶やかな寿司が皿にのって、次々にベルトコンベアーを流れてくる。「ああっ、これも美味そう」と片っ端から食べていたら、気がつけば皿の柱ができていた…。  「回転寿司は祖父(一世)のアイデア。日本を旅した時に思いついたそう。それがブラジルで当たったんです」。回転 […]
  • 豊富な定食50種類!「甚六」も持ち帰り開始=2020年5月7日 豊富な定食50種類!「甚六」も持ち帰り開始=  「お金が次々と消えていきます。長年お店をやっていますが、こんな経験は今までありません」――サンパウロ市リベルダーデ区の日本料理店「甚六」オーナー兼料理人の兵藤陽子さんは、コロナ禍での営業再開の感想を、ため息まじりにそう話した。  クアレンテナ(検疫)発令から1カ月余 […]