ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日から東京五輪がはじまっている。コロナ禍の中、開催に反対の声をあげる人が国際的にも少なくなかったが、いきなりのメダル・ラッシュに、ここブラジルでも、半日の時差というハンデがあるのにテレビ観戦している人が少なくない。そんな中、リオ五輪の男子体操床運動で銅メダルを獲得した日系人アルトゥール・ノリが惨敗に終わった。ノリは今大会でも鉄棒の有力メダル候補だったが、大会前に、かなり前に所属チームの同僚で黒人のアンジェロ・アサンプソンを人種差別的なジョークでからかった過去を掘り起こされ、ネットで批判されるスキャンダルが起きていた。ノリは敗退後のインタビューでこの件で悩んでいたことを告白している。大事なチャンスの直前に過去をほじくり返されるのは、国を問わず、ネット社会の怖いところだ。
     ◎
 24日付でも封じた、5カ所の骨折と2本の歯損傷などの大怪我を負ったジョイセ・ハッセルマン下議が25日、疑われていた夫ダニエル・フランサ氏による家庭内暴力を否定した。ジョイセ氏は夫を伴って応じた取材で、自身を襲った人物に関して、「考えられる人物は2人」と言い、「うち一人はボルソナロ大統領派の議員だと推測している」とまで語った。ジョイセ氏は今月2日、2018年のボルソナロ氏刺傷事件の真相をほのめかしている。
     ◎
 世間は五輪ムードだが、その一方で国内のサッカー界ではブラジル杯の決勝トーナメントが今日からはじまる。今年のサンパウロ州勢はサントスとサンパウロの2チームが進出。サントスがジュアゼリエンセ、サンパウロがヴァスコ・ダ・ガマと、いずれも本拠地で明日28日に対戦する。リベルタドーレス杯、全国選手権と多忙だが、頑張ってほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2011年6月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年6月30日付け […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(10)2020年9月23日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(10) ③『ブラジル時報』  1916年8月にブラジル移民会社が4年間で2万人の日本移民を導入する契約を聖州政府と交わしたことを聞きつけた週刊『南米』の星名と、創刊したばかりの『日伯新聞』の金子、輪湖の3人が同移民会社支配人の神谷忠雄を訪問した。  3人は活字の寄付を要請し […]
  • 大型スーパーで常連客離れ=商品や必要に応じ買い分け=食料品、保健衛生品は依然強く2005年5月7日 大型スーパーで常連客離れ=商品や必要に応じ買い分け=食料品、保健衛生品は依然強く 5月7日(土)  【エスタード・デ・サンパウロ紙六日】大型スーパーでの常連客離れが目立ってきている。過去三年間で吸収合併や増店舗が相次ぎ、大手スーパー五社で小売総額の四〇%を占めるに至ったが、それにかげりが出てきた。 […]
  • サンパウロ市=モノレールの営業運転開始=完成は18年までお預け2015年8月11日 サンパウロ市=モノレールの営業運転開始=完成は18年までお預け  国内初のモノレールとなるサンパウロ市の地下鉄15号線(プラッタ)が10日に営業運転を開始したと同日付G1サイトなどが報じた。 営業時間は7時から19時まで、運行区間はオラトリオ駅とヴィラ・プルデンテ駅間の2・9キロのみ、料金は他の地下鉄と同じ3・5レアだ。 イピランガ駅~ […]
  • 当地に派遣されている高丸さん(左)と中西部日伯協会の井沢会長(15日、カンポ・グランデで撮影)2014年3月27日 日体大野球部、各地で交流=JICA派遣、初の試み=継続求める地元の声も ニッケイ新聞 2014年3月27日 日本体育大学(東京)の野球部15人が、JICAの「短期グループ派遣ボランティア」として今月6日から29日まで滞伯している。20日まではドウラードスなどマット・グロッソ、南マット・グロッソ州各地を回り、22、23日にはサンパウロ市ボン・レチ […]