ホーム | 日系社会ニュース | 「国際日系人デー」の制定を=野村市議、聖市議会に法案

「国際日系人デー」の制定を=野村市議、聖市議会に法案

 昨年の海外日系人大会に於いて6月20日が「国際日系デー」と採択されたことを受けて、先月26日、野村アウレリオ聖市議は、同日をサンパウロ市の公式カレンダーに組み入れることを制定する法案を市議会に提出した。

 これは日系人の価値観を守り普及するとともに、次世代に日本文化の伝統継承を図って広範に広め、ブラジル社会と共有することを目的としたものだ。

 ジョルナル・ニッパキ紙によれば、同市議は「この法案の意図は国際日系デーを公式化し、計画され得る事業に対して公共の場の使用許可を含めて、公的機関が公式に支持できるようにするためだ」と説明する。

 同法案によれば、この記念日には講演、ワークショップ、討論、芸術、文化に関する展示、勉強会等を含む一連の事業を想定しており、諸外国を含む日系人との情報交換・交流を見据え、日系文化のグローバル化を希求している。

 同市議は「国際日系デーに実施される全ての事業計画は、日系人及び日本文化を愛好し、日系社会における活動に関与している非日系人らによって実施されることになる」と見通した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第41回聖州相撲選手権大会=4部門で約150人が競い合う2019年4月6日 第41回聖州相撲選手権大会=4部門で約150人が競い合う  ブラジル相撲連盟(土屋守雄オスカル会長)主催の「第41回聖州相撲選手権大会」が、先月24日、聖市ボン・レチーロ区の常設土俵場で行なわれた。  今回、初めて成年部門を加えた同大会。会場には幼年から成年まで4部門に参加する男女合わせた約150人の力士が集い、互いの実 […]
  • JICA=聖出張所に3人が新任=佐久田、長谷川、野本3氏2019年4月3日 JICA=聖出張所に3人が新任=佐久田、長谷川、野本3氏  JICAブラジル事務所サンパウロ出張所に3月から着任している3人が挨拶のため来社した。  総務経理担当所員の佐久田朝親(ともちか)さん(47)は、「アルゼンチン生まれで12歳から日本育ち。母国語がスペイン語で、第1外国語が英語、第2外国語が日本語」という変わった経歴 […]
  • 文協総会=次期会長に石川レナト待望論=27日の評議員会で決定=シャッパ締め切りは11日2019年4月4日 文協総会=次期会長に石川レナト待望論=27日の評議員会で決定=シャッパ締め切りは11日  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)の評議員を決める「第57回定期総会」が3月30日に聖市の文協ビルで開催され、委任状20を含め78人が出席した。呉屋会長が不出馬を表明したことにより、会場では次期会長の予想に注目が集まっていた。有力候補として名前が挙がっていたのは […]
  • 最後の日系文学、第61号刊行2019年4月3日 最後の日系文学、第61号刊行  最後の『ブラジル日系文学』第61号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が3月に刊行された。  今号では武本由夫特集号として、特別寄稿『「武本文学賞」創設前後―その知られざる背景―』(伊那宏)を掲載。三十六年間継続した武本文学賞の創設時の思い出を紹介。“難産”の末 […]
  • 飛瀬さん、大阪研修から帰国=「祖父母の苦労を知った」2019年4月3日 飛瀬さん、大阪研修から帰国=「祖父母の苦労を知った」  大阪サンパウロ(聖)姉妹都市協会(吉川秀隆会長)の招致で2月22日から約2週間訪日していた飛瀬(とばせ)マリア・ジュリアさん(21、三世)が帰伯し、研修を終えた報告のために来社した。  飛瀬さんは昨月11日に帰国。日本滞在中は大阪府を中心に東京、京都、兵庫、岡山など […]