ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》運転免許差し止めの上限を倍に?=交通事故死者半減の目標の中

《ブラジル》運転免許差し止めの上限を倍に?=交通事故死者半減の目標の中

 運転免許証差し止めのポイントの上限が、現状の20ポイントから40ポイントとなり、免許の有効期限も5年から10年に延長される可能性があると、10日付現地紙が報じている。
 これは、タルシシオ・フレイタス・インフラ相が今週中に連邦議会に提出しようとしている法案に明記されているものだという。それによると、免許差し止めの期間も、6年から3年に半減するという。
 同相によると、「国際的な例を参考にした」という。それがどの国かは明らかにされていない。
 しかし、国際的には、免許差し止めまでのポイントは減る方向が主流となっている。
 ブラジルでは2018年に18万531人、2017年にも24万6742人が免許差し止め処分を受けている。
 一方、ブラジルでは毎年平均3万7千人が交通事故で亡くなっている。連邦政府は交通事故による死者数を、2020年までに2010年の半分に減らすことを目標にしている。10年の死者は4万3千人だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン2019年6月11日 サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン  サンパウロ州とサンパウロ市が10日~7月12日の予定で、予防接種キャンペーンを始めた。双方とも、29日(土)が病気撲滅のためのXデー(ポ語ではDia D)で、保健所も8~17時に開業する。  サンパウロ州のキャンペーンの対象は黄熱病だ。州内の黄熱病の予防接種実施率は71・6 […]
  • アンドレ・マトス死去=日本でも愛されたアングラのヴォーカリスト2019年6月11日 アンドレ・マトス死去=日本でも愛されたアングラのヴォーカリスト  ブラジルを代表するヘヴィ・メタル・バンド、アングラのヴォーカリストだったアンドレ・マトスが8日、サンパウロ市内で亡くなったことが発表された。  1971年にサンパウロで生まれたマトスは、10代の頃からへヴィ・メタル・バンドを組んで活動。80年代にはバンド、ヴァイパーのヴォー […]
  • ネイマールの代役は誰に?=ヴィニシウスやルーカス、ドゥドゥ望む国民2019年6月7日 ネイマールの代役は誰に?=ヴィニシウスやルーカス、ドゥドゥ望む国民  5日の親善試合でかねてから痛めていた右足の靭帯を損傷し、コパ・アメリカの出場がなくなったネイマール。5月末からの強姦疑惑騒動もあったため、「本当に出場できるのか」との疑問はかねてから国民の中にもあったが、それが現実のものとなった。今、サッカーファンやメディアの間では、「誰がネ […]
  • サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場2019年6月11日 サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場  サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。  これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的 […]