ホーム | ブラジル国内ニュース | リオデジャネイロ市=建物倒壊の犠牲者16人に=原因究明と建築責任者の追及続く

リオデジャネイロ市=建物倒壊の犠牲者16人に=原因究明と建築責任者の追及続く

消防士達による捜索・救出活動が続く事故後5日目の現場(Fernando Frazão/Agência Brasil)

消防士達による捜索・救出活動が続く事故後5日目の現場(Fernando Frazão/Agência Brasil)

 【既報関連】リオ市西部ムゼマ地区で起きた、4~6階建てのアパート2棟の倒壊事故の犠牲者が、16人に増えた。
 家屋倒壊は12日朝6時40分頃に起き、救出作業5日目となる16日は、未明に1人、早朝に4人の計5人の遺体が回収された。
 16日朝、遺体で回収された人の身元は確認作業中だが、妊婦1人と、母子1組が含まれていたという。
 16日朝の時点でもまだ、8人が行方不明のままで、捜索、救出作業は続いている。また、負傷者8人の内3人は、16日午後の時点でもまだ、入院加療中だ。
 15日には、13日の夜、遺体で回収された38歳の母と10歳の子、ならびに、14日の夜、回収された49歳の女性が埋葬された。
 今回の事故の原因などの捜査は、バーラ・ダ・チジュッカ区の市警第16署と、犯罪者の民兵組織(ミリシア)の活動に関する捜査などを専門とする犯罪行動抑圧署が共同で進めている。捜査の中心課題は、家屋倒壊の原因究明と不法建築の責任者の特定だが、市役所の監査責任についても捜査を行う。倒壊家屋の住民(生存者)達も、条件が整った時点で、事情聴取に応じる事を求められる見込みだ。
 リオ市役所は、今回の事故の犠牲者らに対しても、市内で起きた別種の災害の犠牲者同様、通夜や葬儀の費用を負担する方針だ。この措置は、犠牲者への敬意を欠くような事が起きないようにとの配慮で、遺族の心痛を和らげる意味もこめられている。(16日付G1サイト、同アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ