ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》月末のトラックストは見送りに=政府と一応の合意成立で=運転手たちの間に意見の相違も

《ブラジル》月末のトラックストは見送りに=政府と一応の合意成立で=運転手たちの間に意見の相違も

インフラ相のタルシジオ・フレイタス氏(Antonio Cruz/Ag. Brasil)

インフラ相のタルシジオ・フレイタス氏(Antonio Cruz/Ag. Brasil)

 【既報関連】インフラ相タルシジオ・フレイタス氏と、国内各所の自営トラック運転手組合の代表者たちの会合が22日に行われた。トラック運転手たちはディーゼル油値上げに反発し、今月29日にも大規模なストを行うと表明していた。だが、最低運賃表監査の徹底と、燃料価格の変動に応じた最低運賃の変動を政府が認めたことで、月末のストはいったん回避されたと、23日付現地各紙が報じている。
 全国自営運送業者連合(CNTA)のジウマール・ブエノ会長は、「『合意』と呼ぶにはまだ早いが、我々にとって前向きな『約束』の言葉を貰った。少なくとも月末のスト実行はない」と語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ