ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》市内バスの無料乗車も65歳以上に=地裁が市長の抗告を認める

《サンパウロ市》市内バスの無料乗車も65歳以上に=地裁が市長の抗告を認める

サンパウロ市内を走るバス(Renato Lobo/Via Trolebus)

 【既報関連】サンパウロ州地裁が14日、サンパウロ市内を走るバスに関しても、無料乗車できるのは65歳以上との判断を下した。
 サンパウロ市内を走るバスの無料乗車は60歳以上の人に認められていた。だが12月23日にブルーノ・コーヴァス市長が、1月1日からは65歳以上の人のみとすると発表。60歳以上、65歳未満の人が無料乗車できる期間は、12月29日に1月一杯に延長された。
 だが、これを不服とする市民からの訴えを受け入れた公的財務法廷のオタヴィオ・チオイチ・トクダ判事が8日、サンパウロ市長が裁可した条例を無効とし、60~65歳の人達の無料乗車を認める予備判断を出した。
 だが、コーヴァス市長が上告したのを受けたサンパウロ州地裁のジェラルド・フランシスコ・ピニェイロ・フランコ長官が14日、この予備判断を覆す判断を下したため、無料乗車は65歳以上の人に限定される事となった。

 コーヴァス市長は8日の予備判断後、憲法で規定している高齢者は65歳以上で、この年齢層の人への無料乗車は憲法が求める恩典として保障する。だが、60~65歳の人は憲法の対象外だから、無料乗車を保障する義務はないし、60~65歳の人の無料乗車を認めると、サンパウロ市の財政に3億3800万レアルの損失を生じさせると主張して抗告。フランコ長官がそれを認めた。
 これにより60歳以上、65歳未満の人が持つ高齢者用ビリェッテ・ウニコは、1月一杯で無効となる。
 フランコ長官は、サンパウロ州のジョアン・ドリア知事が行った、サンパウロ市発着の都電(CPTM)と市間バス(EMTU)、サンパウロ市の地下鉄の無料乗車を60~65歳の人にも認めた予備判断に対する上告の審理でも、知事の言い分を認め、無料乗車は65歳以上とする判断を下している。(15日付ジアリオドトランスポルテ・サイト、同ノチシアンド・ネット・サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》全域で赤レベルがスタート=医療崩壊目前で2週間2021年3月6日 《サンパウロ州》全域で赤レベルがスタート=医療崩壊目前で2週間  6日午前0時より、2週間の予定でサンパウロ州全域がコロナウイルスの外出自粛規制で最低の赤レベルとなる。規制強化前日の5日は、抗議デモを起こす集団が現れるなどの混乱も起きた。5日付現地サイトが報じている。  赤レベルでは、「必要最低限の商業活動のみ」が認められる。生活 […]
  • 《サンパウロ州》クリー州議4カ月の停職に?=女性議員に審議中に猥褻行為2021年3月6日 《サンパウロ州》クリー州議4カ月の停職に?=女性議員に審議中に猥褻行為  昨年12月、サンパウロ州議会での審議の最中に女性議員の胸の横にさわるなどのセクハラ行為を行ったフェルナンド・クリー州議(シダダニア)に対し、約4カ月間の停職処分が下る見込みだ。5日付現地サイトが報じている。  この件は昨年12月、サンパウロ州議会での予算審議の最中に、イザ・ […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • ブラジル岩手/福島/宮城県人会=東日本大震災10周年追悼式=11日にオンライン配信2021年3月6日 ブラジル岩手/福島/宮城県人会=東日本大震災10周年追悼式=11日にオンライン配信  ブラジル岩手県人会(多田マウロ孝則会長)、福島県人会(今井マリーナ会長)、宮城県人会(上利エジガール会長)は、3月11日9時に「2021年東日本大震災10周年オンライン追悼式」をユーチューブ上で行うことを発表した。  このイベントは、2011年3月11日に東北地方で […]
  • 北海道祭り=焼きにしん・イカ・中華おこわ=注文申込みは19日まで2021年3月6日 北海道祭り=焼きにしん・イカ・中華おこわ=注文申込みは19日まで  ブラジル北海道文化福祉協会(大沼宣信会長)は28日に「第26回北海道祭り」を開催する。  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区にある同会館(Rua Rua Joaquim Tavora,605,Vila […]