ホーム | 日系社会ニュース | 山田彰大使、NCC訪問=日系オリンピックの開催地

山田彰大使、NCC訪問=日系オリンピックの開催地

記念写真の撮影

記念写真の撮影

 山田彰駐ブラジル全権特命大使が今月7日に、アルジャー市のニッポン・カントリークラブ(佐々木ワルテル理事長、以下NCC)を初めて訪問した。山田大使はNCCのスポーツ活動に注目し、来年の2月13日から16日に同クラブで開催される「第24回日系国際スポーツ親善大会」等に期待を寄せた。
 山田大使は、来年にNCCで開催される南米コロニアの“オリンピック”とも呼ばれる日系国際スポーツ親善大会を重要な国際的なイベントであると位置づけ、「この素晴らしい大会を支援したい」と語った。
 同クラブは1960年に創立した日系最大のスポーツクラブで、57万平米の広大な敷地に様々なスポーツや娯楽施設が設置されている。この施設群に感銘を受けた大使は、「若者からお年寄りまであらゆる年代の人が利用できる素晴らしい場所」と手放しで賞賛。さらに、日本のスポーツや文化を発信する場として優れている点も高く評価した。
 大使の訪問を受けて、NCCにはアルジャー市のジョゼー・ルイス・モンテイロ市長、サンタクルス病院の石川レナト理事長、援協の与儀昭雄会長、下本八郎元聖州議等が駆けつけ、歓迎の昼食会を催した。
 佐々木会長は「この訪問はとても光栄」と喜び、「訪問はいつでも大歓迎。次を心待ちにしている」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ