ホーム | コラム | オーリャ! | 野球とベースボール

野球とベースボール

 18日のJICA野球指導者チームとアニャンゲーラ日系クラブ野球チームとの国際親善試合で、同クラブの竹田クラウジオ会長から「野球とベースボールは違う」と聞いて関心をもった。ベースボールはスポーツそのものを指し、そこに教育と規律が加わったものが野球だという。
 JICAの永浦裕太さんは「野球の指導を通してチームメイトや対戦相手、審判に尊敬の念をもち、試合に誠実に臨む姿勢を伝えたい」と話す。ブラジル球界ではバットを投げたり、審判に文句を言う選手もしばしば見られるそう。
 試合中、JICAチームは日本式に絶えず仲間同士で声をかけ合っていたが、同クラブチームにはそれがあまり見られなかった。
 かつて一世が多かった頃は、ブラジルも日本式だったと聞く。技術面は向上しているが、精神面ではブラジル式になっているようだ。スポーツ界では人格や振る舞いも含めて応援してもらえる選手になると思う。JICAの指導者も来ているし、近い将来、ブラジルの「野球」が見たいものだ。(大)

image_print

こちらの記事もどうぞ