ホーム | Free | 援協=インフル予防接種=無料実施だが早い者勝ち

援協=インフル予防接種=無料実施だが早い者勝ち

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は、リベルダーデ医療センター(Rua Fagundes, 121, Liberdade)にて、インフルエンザの予防接種を無料で実施する。
 実施期間は5月6日から18日まで。実施時間は、月曜日から金曜日は午後1時半から4時半、土曜日は午前8時から午前11時半まで。
 対象は60歳以上、肥満度3、教師、介護福祉士、保険医療従事者、出産45日以内(要出生届)、妊娠中、慢性疾患患者(要医療処方箋持参)のいずれかの該当者。また予防接種カードと身分証明書の持参が必要。卵アレルギー保有者は接種不可。
 ワクチンの在庫が無くなり次第終了となるので、接種希望者は早めの受診を呼びかけている。
 問い合わせは援協(11・3274・6555)または同医療センター(11・3274・6500)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系社会の高齢化と終活=29日に福祉団体フォーラム2019年5月11日 日系社会の高齢化と終活=29日に福祉団体フォーラム  日伯福祉援護協会(与儀昭雄会長)は「第2回日系福祉団体フォーラム」を5月29日午後1時から午後5時まで、サンパウロ日伯援護協会本部ビル5階神内ホール(Rua Fagundes, 121, 5º andar, […]
  • エスペランサ婦人会慈善バザー=人気の料理提供、5月5日2019年4月25日 エスペランサ婦人会慈善バザー=人気の料理提供、5月5日  エスペランサ婦人会(倉持恵美子会長)は伝統の「第68回慈善バザー」を5月5日午前9時より午後5時まで、ブラジル日本文化福祉協会ビルの大ホール(Rua São Joaquim, 381, […]
  • ダリア祭り=南米唯一で3800株が満開=3千人来場、10日も開催2019年3月8日 ダリア祭り=南米唯一で3800株が満開=3千人来場、10日も開催  サンパウロ日伯援護協会傘下の老人養護施設スザノイペランジアホーム(三島勝彦施設長)は3日、『第25回ダリア祭り』をスザノ市の同ホームにて開催した。同ホーム自慢の南米唯一のダリア園には85種、3800株ものダリアが植えられており、色とりどり満開の花を咲かせている。   […]
  • 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(4)=子供がいない一世夫婦は?2019年5月18日 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(4)=子供がいない一世夫婦は? 【上野】子供がやるやらないは別にして、言っておくことは大切ですよ。私の知人で若くして亡くなられた方がいた。その人の家族は皆キリスト教。でもその人は小さいときから日本語を習ってて、日本の魂があったんでしょうね、『自分が死んだときには仏教でやってくれ』って言うとったんですっ […]
  • 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(2)2019年5月16日 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(2) 独身者が亡くなったら? 【深沢】大部総領事のエピソードに加え、なぜいま終活の座談会を企画したのかというと、ニッケイ新聞に長年勤めた名物記者の石塚大陸さんが昨年10月に突然亡くなったことがあります。  彼は生涯独身で、パウリスタ新聞の元記者Mさんと80年代から30 […]