ホーム | 日系社会ニュース | 山城教授「機関誌の提供を」=『新青年』『沖縄青年』など

山城教授「機関誌の提供を」=『新青年』『沖縄青年』など

『青年隊だより』のコピー

『青年隊だより』のコピー

 「青年団の機関誌を保管されている方、ぜひご提供お願いします」―山城千秋・熊本大学教授は第1回文化講演会の最後に、そう呼びかけた。具体的には戦後に奄美で発行されていた『新青年』、沖縄で出されていた『沖縄青年』『青年隊だより』だ。
 山城教授が書いた沖縄タイムス18年12月14日付への寄稿文「琉球弧の青年群像」には、その機関誌の意義がこう説明されている。
 《米軍占領下における奄美・沖縄の青年団は、郷土復興・生活再建に尽力し、芸能・文化活動を再興し、そして祖国復帰運動の先導役を担ってきた。奄美・沖縄の戦後史は、青年団運動と不可分に結びつき、青年たちの力に負う部分が多大であった。占領からの解放と自治の獲得を目指し、米軍支配と鋭く対峙した青年団運動を精神的に支えたのが機関誌の存在である》と説明している。
 さらに来社した際、「沖縄でも探していますが、欠号があり、見つかりません。どうしても見つけたい。それがブラジルで見つかった凄いことです。ぜひご協力を」と呼びかけた。
 機関誌を保管している人は、県人会本部事務局(電話=11・3106・8823、メールアドレス=kenjinkai@okinawa.org.br)まで。「どこかで見かけたという情報だけでもお寄せ下さい」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も2019年5月18日 インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も  トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は「インディオツアー」を11日に実施した。駐在員やその家族ら24人が参加し、インジオの儀式を見学、体験して先住民文化に触れた。  普段はマット・グロッソ州のインジオ保護区「シングー国立公園」に暮らすインジオ部族「クイクロ族」が […]