ホーム | ブラジル国内ニュース | テメル前大統領=JBSの件でまたも被告に=クーニャに関する疑惑発言で

テメル前大統領=JBSの件でまたも被告に=クーニャに関する疑惑発言で

 テメル前大統領が、2017年のJBSショックの際に浮上した疑惑で、通算6度目の被告となった。7日付現地紙が報じている。
 今回の件は、連邦検察庁が連邦直轄区地裁に起訴状を提出していたもので、同裁のマルコス・ヴィニシウス・レイス・バストス判事がこれを受理した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ