ホーム | ブラジル国内ニュース | テメル前大統領=JBSの件でまたも被告に=クーニャに関する疑惑発言で

テメル前大統領=JBSの件でまたも被告に=クーニャに関する疑惑発言で

 テメル前大統領が、2017年のJBSショックの際に浮上した疑惑で、通算6度目の被告となった。7日付現地紙が報じている。
 今回の件は、連邦検察庁が連邦直轄区地裁に起訴状を提出していたもので、同裁のマルコス・ヴィニシウス・レイス・バストス判事がこれを受理した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年6月20日 コラム オーリャ! 2007年6月20日付け  戦中に敵性資産として接収、昨年十二月に六十三年ぶりに日本人会の手に戻った旧サントス日本語学校。移民の日で半年振りに訪れた。これまで会館のなかった同会だが、新たな〃家〃に集う人たちの表情は、やはり楽しそうだ。 […]
  • 武本文学賞作品受付け=小説、随筆など8部門で2015年8月21日 武本文学賞作品受付け=小説、随筆など8部門で  ブラジル日系文学会(武本憲二会長)が実施する「第31回武本文学賞」の作品募集が行われている。締め切りは10月15日まで(必着)。 募集要項は次の通り。【小説】25〜35枚【随筆】16枚まで【翻訳1】「ブラジル日系文学」第49号ポ語欄掲載の『Obrigado,Doutor』(フ […]
  • ロビーニョの母解放=41日ぶり、身代金は20万レアル2004年12月21日 ロビーニョの母解放=41日ぶり、身代金は20万レアル  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙他十八日】四十一日ぶりにロビーニョの母が解放――。サントスのFWロビーニョの母、マリーナ・ダ・シウヴァ・ソウザさん(44)が十七日、誘拐犯から解放され、サンパウロ市北部の路上で発見された。同日検査のため、市内の病院に搬送されたマリーナさんだが、髪 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • コラム 樹海2008年12月19日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2008年12月19日付け […]