ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の兄弟が2人の軍警につけられているのを察知した。軍警側は、ラファエルさんが軍警の銃を奪おうとしてもみあった際、誤って暴発してしまったと証言している。だが、親戚のひとりは、「暴発ならなぜ、離れた位置にいた彼の胸に当たるようなことが起こるのか」と反論している。果たして真相はいかに。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄は、6日夜の総会で、先月30日に続き、7日もストを行わないことを決めた、それは同日に第2地域労働裁が、地下鉄の労組組合員に対し、デモ用のチョッキを着用するのを禁じ、破ると、1人に付き1日500レアルの罰金を課すと命じたためだ。また、同裁は、「4月29日の時点で4・99%の給与調整で合意したはず」との見解を示している。組合は数年分の差額修正のため、14~20%の調整を求めていたが、この線での合意は難しいか。
     ◎
 7~9日はサッカーのリベルドーレス杯グループ予選の最終節。ブラジルからはパルメイラス、インテルナシオナル、アトレチコ・パラナエンセ、クルゼイロの決勝トーナメント進出が決まっているが、今日の結果で、フラメンゴとグレミオが加わる可能性がある。フラメンゴはペニャロール(ウルグアイ)、グレミオはウニベルシダ・カトリカ(チリ)と対戦する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日に聖市で大事な初戦2019年6月15日 コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日に聖市で大事な初戦  14日から始まったサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)。6月14日から7月7日まで伯国内で開催されるこの大会では、5都市、6会場で試合が行われる。  そのうち、日本代表は17日午後8時から、聖市モルンビ・スタジアム(Praça Roberto Gomes […]
  • 東西南北2019年3月23日 東西南北  21日、ボウソナロ大統領は64歳の誕生日を迎えた。多忙な大統領は米国訪問後、誕生日にチリに発った。その忙しい最中、ボウソナロ氏は自身のフェイスブックで動画を介し、やはり21日の「世界ダウン症の日」に関する生中継メッセージを送った。だが、ここ連日、何かと失態の多い大統領は、ここ […]
  • 東西南北2019年3月30日 東西南北  かなりの極右派として有名なエルネスト・アラウージョ外相が、「ナチスは左翼から生じた」と発言し、話題を呼んでいる。これは、ユーチューブ上のブラジルの右翼系チャンネルに出演した際、実際に持論を述べて語ったものだ。この発言は、ブラジル国内の学者のみならず、本国ドイツでも問題視されて […]
  • 《ブラジルサッカー》州選手権で優勝チーム続々決定=ライバル対決が決勝で頻発2019年4月23日 《ブラジルサッカー》州選手権で優勝チーム続々決定=ライバル対決が決勝で頻発  国内各州のサッカー州選手権の決勝が20、21日に行われ、多くの州で優勝チームが決定したと21、22日現地各紙・サイトが報じた。  最もレベルの高いサンパウロ州選手権決勝第2戦は、コリンチャンスが同じサンパウロ市本拠のサンパウロFCに2対1で勝利して、合計スコア2対1 […]
  • コパ・アメリカ=若き日本、強豪ウルグアイに奮戦=「得た経験の意味はピッチで証明!」2019年7月2日 コパ・アメリカ=若き日本、強豪ウルグアイに奮戦=「得た経験の意味はピッチで証明!」  1次リーグ最終エクアドル戦に1対1で引き分け、日本代表のコパ・アメリカでの挑戦は幕を閉じた。招待出場のため、ベストメンバーを召集できず、苦肉の策として、来年の東京五輪を目指す22歳以下のメンバーを中心に、川島、岡崎といったベテラン選手を加えて臨んだ今大会、大会2連覇中のチリ、 […]