ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の兄弟が2人の軍警につけられているのを察知した。軍警側は、ラファエルさんが軍警の銃を奪おうとしてもみあった際、誤って暴発してしまったと証言している。だが、親戚のひとりは、「暴発ならなぜ、離れた位置にいた彼の胸に当たるようなことが起こるのか」と反論している。果たして真相はいかに。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄は、6日夜の総会で、先月30日に続き、7日もストを行わないことを決めた、それは同日に第2地域労働裁が、地下鉄の労組組合員に対し、デモ用のチョッキを着用するのを禁じ、破ると、1人に付き1日500レアルの罰金を課すと命じたためだ。また、同裁は、「4月29日の時点で4・99%の給与調整で合意したはず」との見解を示している。組合は数年分の差額修正のため、14~20%の調整を求めていたが、この線での合意は難しいか。
     ◎
 7~9日はサッカーのリベルドーレス杯グループ予選の最終節。ブラジルからはパルメイラス、インテルナシオナル、アトレチコ・パラナエンセ、クルゼイロの決勝トーナメント進出が決まっているが、今日の結果で、フラメンゴとグレミオが加わる可能性がある。フラメンゴはペニャロール(ウルグアイ)、グレミオはウニベルシダ・カトリカ(チリ)と対戦する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • ローリング・ストーンズ=アルゼンチンでコンサート従業員死亡=大統領とシュラスコ・パーティも2016年2月16日 ローリング・ストーンズ=アルゼンチンでコンサート従業員死亡=大統領とシュラスコ・パーティも  2月3日からチリのサンチアゴを皮切りに南米ツアー中の「ロックバンドの王様」ことローリング・ストーンズ。13日にアルゼンチンでの3回の公演を終えたばかりの彼らだが、古くから騒動の多いストーンズゆえか、今回もただでは終わらなかった。 11日未明はストーンズにとって悲しい出来事が起 […]
  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]