ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52)は在聖日本国総領事館との共催で、「日本国民の象徴である天皇」をテーマにした講演(ポ語のみ)を9日午後7時から同館で行なう。講演者は、弁護士でサンパウロ総合大学(USP)教授を務める二宮正人氏。同氏は皇室がご来伯される前にブラジル事情のご進講をする役割を担ってきた。今回の講演では、憲法における天皇皇后両陛下の象徴としての役割や、国民に身近な象徴天皇として果たしてきた務めについて説明する。二宮氏は、昨月にテレビ朝日が改元特集で放送した「報道ステーション」の中でも、ブラジル日系社会と皇室の関係についてコメントしていた。現在、同氏は多忙を極めており、この講演は貴重な機会。珍しい直接の体験談が聞ける可能性があるので、ぜひ足を運んでみては?
      ◎
 現在援協ではリッファ(協力券)の販売に向けて準備中。1枚15レアル、1冊(10枚綴り)をまとめ買いなら1割引の135レアル。計2万5千枚を販売する予定。当選者には次のような豪華賞品が用意されている。▼1等=フィット(本田技研工業株式会社)▼2、3等=オートバイ(本田技研工業株式会社)▼4等=冷蔵庫(パナソニック株式会社)▼5等=洗濯機(パナソニック株式会社)。販売は9月21日まで。抽選は9月28日、賞品の贈呈式は10月17日に実施される。援協本部もしくは傘下の各施設で購入可能。足立事務局長の話によれば、「1枚だけ買った人が、けっこう1等を当てる」とか。1枚だけでも買って楽しみに待つのも良いかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2020年3月3日 大耳小耳  2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世 […]
  • 大耳小耳2020年7月1日 大耳小耳  サンパウロ州全域で7月1日から、道路や公共の場でマスクを着用していない場合、罰金500レアルが科せられる事が州政府から発表された。同時に商業施設で適切な防疫対策をしていないところにも5千レアルの罰金が科せられる。現在進められている段階的な緩和によって感染拡大が起こるのを防ぐに […]
  • 大耳小耳2020年6月26日 大耳小耳  共同通信の配信記事《裁判官国民審査/在外投票制限、高裁も違憲》の写真に写っている右側の人物は、元CIATE専務理事の永井康之弁護士で、原告団の1人だ。同弁護士はサンパウロ在住時代の昨年、7月13日付本紙に《国民審査の在外投票ができないのは違憲》を特別寄稿してくれた。難しい話だ […]
  • 大耳小耳2020年6月11日 大耳小耳  本日11日は聖体祭の祝日。だが、サンパウロ市では前倒しで5月下旬に実施してしまったので、正確には「サンパウロ市以外では聖体祭の祝日」ということになる。だからサンパウロ市だけ11日は普通の平日になる。本紙編集部も通常通り仕事をし、12日付の新聞も発行される。とはいえサンパウロ市 […]
  • 大耳小耳2020年6月5日 大耳小耳  本面下部に掲載した「教育勅語」は、サンパウロ州イタチーバ市で5月24日に亡くなった森西茂行(しげゆき)さん(享年、98)が、人生最後の日まで「これを広めたい」と希望していたもの。子息の森西カルロスさんの要望により、本紙購読料の残金と引き換えに特別に掲載した。「1890年10月 […]