ホーム | Free | 「ブラジル人気質と人種偏見」=沖縄フォーラムを19日

「ブラジル人気質と人種偏見」=沖縄フォーラムを19日

ポスターを手に来場を呼びかける比嘉さん

ポスターを手に来場を呼びかける比嘉さん

 ブラジル沖縄県人会(上原定雄ミウトン氏)が主催する第12回沖縄フォーラム「ブラジル人気質と人種偏見」を19日(日)午後2時から7時まで、県人会本部で開催する。実行委員長は比嘉アナマリアさん。
 今まで「沖縄文化の特質」「ウチナーグチを消滅させてはならない」など母県理解を深めるような様々なテーマを扱ってきた同フォーラム。今回は「ブラジル人気質」という居住国の本質に関わる問題を話し合う。
 講演者はブラジル日本文化福祉協会の前会長・呉屋春美、ドキュメンタリー映画監督の奥原純マリオ、クリスチアン・プロエンサ、同県人会マウア支部のセツコ・オヤカワ・マガチ4氏で、それぞれ15分ぐらいずつ意見を述べ、続いて討論会になる予定。
 中でも奥原さんは、戦中のサントス強制立退きに見られる人種差別的な側面について講演するという。またプロエンサさんは南麻州カンポ・グランデ市在住の非日系人だが、三線演奏者として知られている沖縄文化理解者。ブラジル人側からみた同問題の側面を語る。
 その後は芸能アトラクションの時間になる。吉村尊雄三線胡弓(くちょう)研究所、琉球民謡保存会(二才達(ニセター))、青壮年会のカラオケ、レキオス芸能同好会エイサー太鼓などが披露される。
 当日会場では、石川ソニアさんによる紅型展示会も行なわれる。
 入場料はないが、「2キロ」の腐らない食糧、もしくは衛生用品を持ってくること。後で福祉団体に寄付される。
 比嘉さんは「ぜひ皆さん聞きに来て下さい。一緒に考えましょう」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]
  • 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫2021年1月15日 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫 「私があなたに惚れたのは、ちょうど十九の春でした。いまさら離縁というならば、もとの十九にしておくれ」  これは安里屋(あさとや)ユンタなどと並んで最も知られている沖縄の歌「十九の春」の最初の歌詞です。  もとの十九にしておくれ、と言われてもかなり困るけど、彼女の […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々2019年6月11日 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々  19日の「宣教本部竣工50周年記念式典」も午前10時に開幕し、全伯から1105人が参加した。講堂内には400人、講堂の外には605人ほどが駆けつけ、2階の小講堂には約100人が集まった。一日目と同様に式典が粛々と進み、この日は全国から集まった18人が順々に玉串奉奠をし、厳かな […]
  • 東西南北2019年5月16日 東西南北  15日朝、南マット・グロッソ州カンポ・グランデで小型飛行機が墜落し、操縦していた医師とその妻が死亡した。死亡したのは産科医のペドロ・ドス・サントス氏と妻のスザナ氏で、同市東部のサンタマリア空港から離陸したものの、濃霧のために視界がかなり悪く、低空で2回旋回を繰り返した後、空港 […]