ホーム | Free | 「ブラジル人気質と人種偏見」=沖縄フォーラムを19日

「ブラジル人気質と人種偏見」=沖縄フォーラムを19日

ポスターを手に来場を呼びかける比嘉さん

ポスターを手に来場を呼びかける比嘉さん

 ブラジル沖縄県人会(上原定雄ミウトン氏)が主催する第12回沖縄フォーラム「ブラジル人気質と人種偏見」を19日(日)午後2時から7時まで、県人会本部で開催する。実行委員長は比嘉アナマリアさん。
 今まで「沖縄文化の特質」「ウチナーグチを消滅させてはならない」など母県理解を深めるような様々なテーマを扱ってきた同フォーラム。今回は「ブラジル人気質」という居住国の本質に関わる問題を話し合う。
 講演者はブラジル日本文化福祉協会の前会長・呉屋春美、ドキュメンタリー映画監督の奥原純マリオ、クリスチアン・プロエンサ、同県人会マウア支部のセツコ・オヤカワ・マガチ4氏で、それぞれ15分ぐらいずつ意見を述べ、続いて討論会になる予定。
 中でも奥原さんは、戦中のサントス強制立退きに見られる人種差別的な側面について講演するという。またプロエンサさんは南麻州カンポ・グランデ市在住の非日系人だが、三線演奏者として知られている沖縄文化理解者。ブラジル人側からみた同問題の側面を語る。
 その後は芸能アトラクションの時間になる。吉村尊雄三線胡弓(くちょう)研究所、琉球民謡保存会(二才達(ニセター))、青壮年会のカラオケ、レキオス芸能同好会エイサー太鼓などが披露される。
 当日会場では、石川ソニアさんによる紅型展示会も行なわれる。
 入場料はないが、「2キロ」の腐らない食糧、もしくは衛生用品を持ってくること。後で福祉団体に寄付される。
 比嘉さんは「ぜひ皆さん聞きに来て下さい。一緒に考えましょう」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々2019年6月11日 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々  19日の「宣教本部竣工50周年記念式典」も午前10時に開幕し、全伯から1105人が参加した。講堂内には400人、講堂の外には605人ほどが駆けつけ、2階の小講堂には約100人が集まった。一日目と同様に式典が粛々と進み、この日は全国から集まった18人が順々に玉串奉奠をし、厳かな […]
  • 東西南北2019年5月16日 東西南北  15日朝、南マット・グロッソ州カンポ・グランデで小型飛行機が墜落し、操縦していた医師とその妻が死亡した。死亡したのは産科医のペドロ・ドス・サントス氏と妻のスザナ氏で、同市東部のサンタマリア空港から離陸したものの、濃霧のために視界がかなり悪く、低空で2回旋回を繰り返した後、空港 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(75)2017年10月12日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(75)  こうした先人達の努力のお陰で県人移民の渡航は正常化され、それ以降の、いわゆる昭和初期移民がサントス=ジュキア沿線、カンポ・グランデ、サンパウロ州奥地、そしてパラナ州へと怒涛のように押し寄せたのである。  さらに戦後においては、沖縄戦の戦災救援運動を展開してきた先輩たちが、移 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  サンパウロ市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコ […]