ホーム | 日系社会ニュース | エスペランサ婦人会バザー=ボランティア200人動員=歌謡祭も盛況

エスペランサ婦人会バザー=ボランティア200人動員=歌謡祭も盛況

人気の食品コーナー

人気の食品コーナー

 エスペランサ婦人会(倉持恵美子会長)主催の『第68回慈善バザー』が5日、ブラジル日本文化福祉協会ビルの大ホールにて開催された。また同日、大講堂にて「第29回女性だけの歌謡まつり」も開催された。日系非日系問わず多くの来場者が買い物や食事を楽しむなどして賑わいを見せた。
 会場では約40店が出店。食品、衣類、雑貨などが販売された。婦人会は毎年好評のうどんに加え、寿司、焼きそば、おはぎなどの食品や、在聖日本総領事館の寄付による食器も販売した。歌謡まつりには約200人が参加。自慢の歌声を披露した。
 午前9時頃には在聖日本国総領事館の楠彰首席領事夫人の楠聡子さん、石川レナト文協会長、野村アウレリオサンパウロ市議らが来場。バザー会場や歌謡まつり、調理場を視察した。楠さんは「10年前に来た時と変わらず続いていて嬉しい」と話し、販売を行う婦人会会員に品物について質問するなど、バザーを楽しんだ。
 バザーの運営では、婦人会会員に加えサンパウロ大学生援護連盟(ABEUNI)などのボランティア約200人を動員した。

楠聡子首席領事夫人による開会式の挨拶

楠聡子首席領事夫人による開会式の挨拶

 歌謡まつりで歌声を披露した串間さん(84、二世)は「気持ちよく歌えた」と満足げに感想を述べ、バザーでは漬物を購入した。ボランティアとして参加したABEUNIの中山ギレーミさん(25、三世)は「婦人会の方々にはいつも助けてもらっているので恩返しをしたかった。皆さんが優しくて居心地が良い」と笑顔で話した。
 同婦人会は戦後の日本に支援物資を送るために発足。51年から同バザーを開催し、現在まで続いている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連日本祭り中止に決定!=来年6~8月に開催延期=谷口実行委員長「苦汁の決断」2020年3月21日 県連日本祭り中止に決定!=来年6~8月に開催延期=谷口実行委員長「苦汁の決断」  コロナウイルスによる災禍がサンパウロ州でも広がる中、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が、今年7月に予定していた第23回「日本祭り」(谷口ジョゼ実行委員長)を中止するとの決断を17日にした。今週、サンパウロ市行政は「非常事態宣言」を出し、サンパウロ州政府も […]
  • 「最後」のぶらじる丸同船者会=惜しむ人が遠方から多数参加=結局、来年も開催に決定2020年3月20日 「最後」のぶらじる丸同船者会=惜しむ人が遠方から多数参加=結局、来年も開催に決定  「毎年開かれていたのは知っていたけど、来るのがとても大変で。『最後』と聞いて参加しました」――13日「第9回ぶらじる丸同船者会」がブラジル県人会館で開かれた。遠くパラー州の第2トメアスー移住地から夫婦で駆けつけた参加者の笹原富男さん(81、山形県)は、そう微笑んだ。 […]
  • 援協=国際的な医療品質認証を獲得=日伯友好病院が表彰授与式2020年3月21日 援協=国際的な医療品質認証を獲得=日伯友好病院が表彰授与式  サンパウロ日伯援護協会(援協、与儀昭雄会長)傘下の日伯友好病院に対する、カナダの国際認定機関「QMentum」からの表彰授与式が、18日午前11時からサンパウロ市パルケ・ノボ・ムンド区の同病院内「山本恵一講堂」で執り行われた。これは、日伯友好病院の医療機関としての品質 […]
  • 岡山=県人会唯一の本格的雛まつり=福笑い、お茶で日本風情味わう2020年3月19日 岡山=県人会唯一の本格的雛まつり=福笑い、お茶で日本風情味わう  ブラジル岡山県人会(角南美佐子会長)は『ひな祭り』を3月1日(日)正午頃から、サンパウロ市リベルダーデ区の同会館で行い、約90人が訪れた。サロンには日本から持ってきた7段の本格的ひな壇が飾られ、着物姿の少女ら煎茶を来場者に接待するなど、無料で日本風情が存分に楽しめるイ […]
  • 世界1周目指す山澤卓也さん=日系人宅で食べたカレーに感激2020年3月20日 世界1周目指す山澤卓也さん=日系人宅で食べたカレーに感激  昨年10月に世界一周を始めた山澤卓也さん(21、東京出身)が10日、本紙編集部を訪れた。10月下旬に日本を発ち、メキシコ・コロンビア・ペルー・ボリビア・チリ・アルゼンチンと旅行し、南米大陸のゴールとしてブラジルに到着したという。  サンパウロ市のジャパンハウスで偶然 […]