ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 第442部隊は「テキサス大隊の救出」で救出した直後、当然のことテキサス大隊は抱き合って喜んだ。だが同大隊のバーンズ少佐が軽い気持ちで「ジャップ部隊なのか」と言ったため、第442部隊の少尉が「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」と激怒して掴みかかり、少佐は謝罪して敬礼したという逸話が残されているという。
     ◎
 第442部隊のモットーは「Go For Broke!」。意味は「当たって砕けろ!」というもの。この言葉は、元々はハワイで現地化した英語で「ギャンブルで有り金すべてをつぎ込む」ことを意味するのだという。当時のハワイではアジアからの移民が多く、サトウキビ農場では賭博が盛んに行われていたことが関係する。でも、日系人部隊の活躍が知られた後、今では『当たって砕けろ』という日系人部隊に由来する意味も辞書に載るようになったという。移民が受け入れ先国の歴史の関与する典型的な事例といえそうだ。
     ◎
 本日6面に掲載されているニッケイ新聞の高木ラウル社主による「なぜ、在外日本国籍者だけが対象に?(ジャパン・レールバス廃止について)」を見て、驚いた読者もいたのでは? 弊紙では、社長自らがこの問題に取り組んでいる証拠だ。この文書を、日本の政治家や関係機関に送るとのこと。ブラジル国籍の家族や友人と一緒に訪日する際に、日本国籍を持つ一世だけ交通費が違うというのは問題だ。4千万人の外国人観光客導入を目指している日本政府が、どうしてたった数万人しか訪日しない在外日本人だけを区別するのか。JRは民間企業だが、外国人観光客導入という国策にかんでいる以上、ぜひ国家的な視野から検討しなおしてもらいたい問題だ。ぜひ読者からもこれに関する意見、投書を寄せてほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]
  • 大耳小耳2019年5月23日 大耳小耳  6月2日に「健康体操の日」「協会創立13周年」フェスティバルを主催するブラジル健康体操協会は、日本のNPO法人「全日本健康音楽研究会(齋藤千代子会長)」の伯国支部だ。これは中高齢者の健康増進を目的に、童謡やよく知られた楽曲に合わせストレッチ体操や気功体操を行うもの。ストレッチ […]
  • 大耳小耳2019年4月25日 大耳小耳  日毎叢書企画出版(前園博子主宰)による『楽書倶楽部』第47号が4月に刊行された。冒頭には、ほんのり初恋のほろ苦さが漂う移民ならではの短編ロマンス「再会」(広川和子)。本紙でもおなじみの毛利律子さんによる「見直したい、美しい日本語(1)」も考えさせられる一文。「ありがとう」は漢 […]