ホーム | 日系社会ニュース | 憩の園=10種類の運動器具を設置=裁判官キナシ氏の寄付金で

憩の園=10種類の運動器具を設置=裁判官キナシ氏の寄付金で

除幕式の様子

除幕式の様子

 救済会(吉岡黎明会長)が運営する日系高齢者福祉施設「憩の園」は9月24日、キナシ・エリザベッチ・タエ氏からの寄付金で建設した運動器具のイナグラソンを盛大に開催した。
 クリチバで裁判官を務めるキナシ氏は、2014年に亡くなった同氏の姉キナシ・マリア・ホミ氏が残した遺産を合わせて、自分からの寄付金を日系福祉団体や病院などに寄付をしている。
 同園には昨年も約8万レアルを寄付し、施設内にダイキンのエアコンが設置された。今回の寄付額は約7万レアル(約140万円)。この寄付金で同園内広場に、10種類の運動器具が取り付けられた。
 イナグラソン当日は、設置した運動器具広場のすぐそばの野外庭園で、職員や入居している高齢者の約50人が集まり軽食やお祝いのケーキなどが振る舞われた。
 キナシ氏はクリチバ在住のため、当日の式典には参加しなかったがテレビ電話で式の様子をみて、無事に設置されて関係者が喜んでいる姿を見て喜んでいたという。
 救済会の吉岡黎明会長は「本当に嬉しい。言葉にすることが難しいけれど、この運動器具で皆健康維持をしていただきたい」と述べた。
 本田イズム副会長は、「この健康器具の設置は6年前からの願いでした。願っているばかりで設置できませんでしたが、このたびキナシさんからの寄付で実現することができました。心から感謝します。この健康器具で入居者も職員も皆で使用して健康を保ってほしいです」と感謝した。
 ドナ・マルガリータの右腕として長年、救済会「憩の園」の事務方を担い、過去に会長も務めた吉安園子さん(2世・93歳)は、「キナシさんのおかげで、みんなの交流する場所がまたひとつ園内にできたことを本当に嬉しいと思っています。この寄付でお年寄りや職員、地域の人の交流がより活発になることを期待してます」と笑顔を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 最高裁、党移籍に見解=議員勧誘にとどめ=問われる党への忠誠心=連邦令と選挙法のあや2007年10月2日 最高裁、党移籍に見解=議員勧誘にとどめ=問われる党への忠誠心=連邦令と選挙法のあや ニッケイ新聞 2007年10月2日付け […]
  • コラム オーリャ!2013年12月13日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年12月13日  移民史料館で開幕した西村俊治展。明治生まれの彼の生き様は、「思い立ったらすぐ行動」という言葉そのままだったようだ。農工学校創設時もパラナ州のドイツ人学校を視察に行ったとか。 […]
  • 大耳小耳2014年12月23日 大耳小耳  スザノ・イペランジアホームで行なわれる来年のダリア祭りでは、従来の3千本に加え、新種のダリア1千本が鑑賞できるそう。援協定例会での発表によると、15日に逝去した押切フラビオ山形県人会長が母県から持ち帰った45個の球根を、同ホーム運営委員の武吉七郎さんがなんと1千個まで根気 […]
  • 《ブラジル》3月サービス業販売量、前月比で6・9%減=コロナで大幅落ち込み2020年5月13日 《ブラジル》3月サービス業販売量、前月比で6・9%減=コロナで大幅落ち込み  ブラジル地理統計院(IBGE)が12日、3月の月次サービス調査(PMS)を発表。3月のサービス業の販売量は前月比で6・9%減少したことが分かった。同日付現地ニュースサイトが報じている。  販売量の前月比6・9%減は、2011年1月の統計開始以降、最大の下げ幅だ。IBGEによ […]
  • コラム オーリャ!2007年10月24日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月24日付け  石川県の金沢大学で、アガリクスの抗がん作用を調べる臨床試験が始まる。現地の北國新聞が報じている。厚生労働省が助成、公的研究費によるものとしては国内で初めてという。 […]