ホーム | Free | ピッコ・ド・ジャラグア遠足=サンパウロ市最高地点から一望、26日

ピッコ・ド・ジャラグア遠足=サンパウロ市最高地点から一望、26日

 だるま塾とブラジル日本交流協会(神戸保会長)は26日、サンパウロ市最高地点のピッコ・ド・ジャラグアへの遠足を行う。今回で38回目を迎える伝統行事。山頂は標高1135メートルで、市内を一望できる。
 午前7時にサンパウロ市ラッパ区セバスチアン広場を出発。山麓までの片道10キロと、山頂までの往復10キロ、計20キロを歩く。正午頃山頂に到着し、各自持参の昼食をとり、その後下山。午後2時頃に麓で解散の予定。帰りはラッパ区に戻るバスが出ている。
 集合は午前7時にサンパウロ市ラッパ区セバスチアン広場(Praça Sebastião Jayme Pinto, Lapa de Baixo)で、時間厳守。参加年齢は10歳以上(9歳以下は保護者同伴)。昼食、飲み物、雨具、バスなどの交通費は持参すること。当日午前6時の時点で雨天の場合、翌週6月2日へ延期。
 問い合わせは金原正幸さん(電話=11・94051・2762、メール=mkim2501@hotmail.co.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2005年9月17日 大耳小耳 2005年9月17日(土) […]
  • 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」2018年8月10日 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)の約30人は、沖縄移民110周年を記念して来伯した名護市慶祝団11人を迎えて歓迎会と高齢者表彰式を5日晩、サンパウロ市内のホテルで開催した。  渡具知武豊市長は「110周年の式典や記念行事を通して、日本語を話さない世代になっても血 […]
  • 福嶌総領事、オザスコに=前、現市長とも懇談2013年2月20日 福嶌総領事、オザスコに=前、現市長とも懇談 ニッケイ新聞 2013年2月20日  在聖日本国総領事館の福嶌教輝総領事が11月28日、就任のあいさつのためサンパウロ州オザスコ市を訪れ、同地文協や商工会議所、日本庭園のあるシッコ・メンデス公園や市長の表敬訪問を行った。 […]
  • IBAS核協定を調印=ブラジル、インド、南阿が核開発2007年10月19日 IBAS核協定を調印=ブラジル、インド、南阿が核開発 ニッケイ新聞 2007年10月19日付け […]
  • 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍2019年2月5日 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍  昨年逮捕され話題を呼んだ世界的に有名な心霊療法家のジョアン・デ・デウス氏をはじめ、宗教的な性犯罪に対する闘士として知られていた活動家のサブリナ・ビッテンコートさん(38)が2日、自殺と見られる謎の急死を遂げ、大きな話題を呼んでいる。3日付現地紙が報じている。  サブリナさん […]