ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=麻疹患者5週で11倍に=学校でも予防接種始める

サンパウロ市=麻疹患者5週で11倍に=学校でも予防接種始める

麻疹の予防接種には3種混合ワクチンが使われる(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 サンパウロ市保健局の発表によると、同市での麻疹(はしか、ポルトガル語はサランポ)の真性患者は6月17日~7月22日の5週間で11倍に増えており、学校や軍警の大隊本部でも予防接種を行う事になったと22、23日付現地紙、サイトが報じた。
 麻疹は感染力が強く、1人が罹患すると、11~18人が感染すると言われている。サンパウロ市での7月22日現在の真性患者は、6月17日に報告された32人比1034%増(11倍強)の363人に達している。擬似症患者も約800人で、6月17日の147人比444%増(5・5倍)だ。真性患者363人中226人は、7月に入ってから確認された。
 状況を重く見た市役所は、幼少期の予防接種率が低く、感染の危険度が高い15~29歳の青少年300万人を対象とする予防接種を、学校や軍警本部でも行う方針を固めた。サンパウロ州の患者484人(15日現在)の内、約半数は同年齢層の青少年が占めている(人口比では約20%のみ)。
 サンパウロ市を含むサンパウロ州の予防接種キャンペーンは6月10日から始まり、20日(土)を保健所なども解放して予防接種を行うXデーに指定。予防接種用のポストはショッピングセンターや公共交通機関の駅などにも設けられているが、現時点での予防接種率は6%のみだ。
 また、サンパウロ市役所は、擬似症患者発生地区にある会社などが予防接種の実施を拒んだ場合に、該当する会社や団体を21日間強制的に封鎖する方針も固めている。
 なお、サンパウロ市内にある市立と州立の高校での予防接種と各生徒への啓蒙活動は、7月31日から始まる。州立大学での予防接種は24日から開始される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》ダニ・アウヴェス(36)サンパウロFC鮮烈デビュー=いきなりのゴールで勝利に貢献2019年8月20日 《ブラジルサッカー》ダニ・アウヴェス(36)サンパウロFC鮮烈デビュー=いきなりのゴールで勝利に貢献  サッカーの全国選手権で18日、サンパウロFCに鳴り物入りで移籍してきた、ダニ・アウヴェス(36)が同チームでのデビュー戦を自らの得点で1―0の勝利で飾った。  ダニ・アウヴェスと言えば、「世界のサッカー選手史上、最も優勝を経験した選手」として知られている。その数は4 […]
  • 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表2019年8月17日 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表  ブラジルサッカー連盟は16日、9月に行われる親善試合のため、フル代表と五輪代表(22歳以下)の代表選手、合わせて46人を発表した。  まず、フル代表は以下の通り。  〈キーパー〉エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン(パルメイラス)、イヴァン(ポンテ […]
  • 《ブラジル》美術館や博物館の観客増加=上半期は昨年比61%増2019年8月20日 《ブラジル》美術館や博物館の観客増加=上半期は昨年比61%増  ブラジルでは今年上半期の博物館、美術館の来館者が増えており、三つの博物・美術館では動員数の新記録も更新した。  国内の主要博物・美術館40館の観客数を調べたところ、上半期は37館で来館者が増えたという。これら40館の来場者数の総数は過去4年間の平均より50%多く、昨 […]
  • サンパウロ市=15億レかけピニェイロス川浄化=ドリア知事の公約の目玉2019年8月17日 サンパウロ市=15億レかけピニェイロス川浄化=ドリア知事の公約の目玉  サンパウロ州がサンパウロ市を流れるピニェイロス川に関し、15億レアルを投じて本格的な浄化工事を行う意向だと、16日付現地紙が報じている。  ピニェイロス川はサンパウロ市の西部から南に流れる川で、マルジナル・ピニェイロスや都電(CPTM)9号線がそれに沿って走っている […]
  • リオ州=軍政時代の罪で元兵士被告に=「死の家」での女性強姦や拷問で2019年8月17日 リオ州=軍政時代の罪で元兵士被告に=「死の家」での女性強姦や拷問で  リオ州などを管轄下に置く連邦第2地域裁が14日、アントニオ・ワニエル・ピニェイロ・リマ退役軍曹が軍政下で犯した女性強姦や拷問などの罪での起訴状を受理したと14、15日付現地紙・サイトが報じた。  軍政下での刑事犯罪は1979年制定の恩赦法で不問に伏されてきたため、軍 […]