ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》薬物依存治療や密売に関する法を改正=強制入院のハードル下がる

《ブラジル》薬物依存治療や密売に関する法を改正=強制入院のハードル下がる

 連邦上院議会は15日、薬物犯罪、薬物依存症患者に関する改定法案(13年下院提出の法案37号・PLC37/13)を承認したと、16日付伯字各紙が報じた。
 オズマール・テーラ現市民相が連邦下議時代に提出した法案は、「薬物依存症患者の強制入院継続の簡易化」や、「大型犯罪組織に所属する薬物密売者への懲罰強化」、「薬物依存から抜けるためのセラピーを行っている団体の強化」などを含んでいる。小規模な密売の罪は、同法により軽くなる可能性もある。
 薬物依存症患者の強制入院問題に関しては、従来は、患者の家族、法的責任者、治療担当者が治療の完了(施設からの退院)を決定することができたが、改定法案では退院を決められるのは医師だけとなる。
 同法案では、治療において非営利のセラピー団体や施設が受け持つことができる範疇も広げられた。過去30年間にわたる薬物依存症治療では、「健康被害の軽減、緩和」を優先してきたが、今後は「依存症克服」が優先される。
 テーラ市民相によると、改正法案の狙いは薬物依存治療の基準を定めることで、薬物依存者と直接接触し、保護する非営利団体を意味する「セラピー共同体」も、医療保健や社会福祉の公的機関と同様に、家族の同意がなくても薬物依存者を強制入院させることが可能となる。
 ブラジル、セラピー共同体連盟(Febract)のパウロ・クルランダー会長は、「現行法が改正されることで、薬物治療の質も向上するだろう」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 4年に一度の祭典で訪日へ=健康体操の指導員ら31人が2016年10月4日 4年に一度の祭典で訪日へ=健康体操の指導員ら31人が  ブラジル健康体操協会(川添敏江会長)が10月6~9日、静岡県浜松市でされる『第5回国際健康表現フェスティバル』に参加する。指導員、生徒含め31人が同イベントのために訪日し、約140グループ2千人余りの参加者と共に、4日間にわたり会員同士の交流と体操発表を行なう。  同イ […]
  • 《ブラジル》米国と貿易促進取り決め=手続き簡素化や汚職防止で=FTA締結にはほど遠く2020年10月17日 《ブラジル》米国と貿易促進取り決め=手続き簡素化や汚職防止で=FTA締結にはほど遠く  米国の大統領選挙まで2週間あまりというタイミングの19日、ブラジルと米国は両国間の貿易を促進し、煩雑な官僚的手続きの簡素化に向けた一連の取り決めに署名するはずだと16日付エスタード紙が報じた。経済分野の情報筋によると、この協定には、貿易円滑化、優れた規制の慣行、汚職防 […]
  • サ・アンドレ市議会=原田、中野2氏を表彰=12日の「移民祭」で2013年6月29日 サ・アンドレ市議会=原田、中野2氏を表彰=12日の「移民祭」で ニッケイ新聞 2013年6月11日  サント・アンドレ市議会は12日午後7時から、同市議会場(Praca Quarto Centenario, 2, Centro)で、日本移民105周年を祝う記念式典『移民祭』を開く。地域の日系団体の発展に貢献した人への表彰を行う。 […]
  • コラム オーリャ!2009年8月15日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年8月15日付け  六十年前、戦災救援活動のために創立した聖母婦人会とエスペランサ婦人会。十二日、エスペランサ婦人会の記念式典が開かれた。 […]
  • 252人が溌剌プレー=マ・ゴルフ大会、イビウーナで2013年10月23日 252人が溌剌プレー=マ・ゴルフ大会、イビウーナで ニッケイ新聞 2013年10月23日  イビウーナ文化協会マレットゴルフ部(末次文明部長)は先月22日、同文協のマレットゴルフ場で、『第23回イビウーナ・マレットゴルフ大会兼第12回フェデラソン大会』を開催した。252人の選手を集め、盛大に行われた。 […]