ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》薬物依存治療や密売に関する法を改正=強制入院のハードル下がる

《ブラジル》薬物依存治療や密売に関する法を改正=強制入院のハードル下がる

 連邦上院議会は15日、薬物犯罪、薬物依存症患者に関する改定法案(13年下院提出の法案37号・PLC37/13)を承認したと、16日付伯字各紙が報じた。
 オズマール・テーラ現市民相が連邦下議時代に提出した法案は、「薬物依存症患者の強制入院継続の簡易化」や、「大型犯罪組織に所属する薬物密売者への懲罰強化」、「薬物依存から抜けるためのセラピーを行っている団体の強化」などを含んでいる。小規模な密売の罪は、同法により軽くなる可能性もある。
 薬物依存症患者の強制入院問題に関しては、従来は、患者の家族、法的責任者、治療担当者が治療の完了(施設からの退院)を決定することができたが、改定法案では退院を決められるのは医師だけとなる。
 同法案では、治療において非営利のセラピー団体や施設が受け持つことができる範疇も広げられた。過去30年間にわたる薬物依存症治療では、「健康被害の軽減、緩和」を優先してきたが、今後は「依存症克服」が優先される。
 テーラ市民相によると、改正法案の狙いは薬物依存治療の基準を定めることで、薬物依存者と直接接触し、保護する非営利団体を意味する「セラピー共同体」も、医療保健や社会福祉の公的機関と同様に、家族の同意がなくても薬物依存者を強制入院させることが可能となる。
 ブラジル、セラピー共同体連盟(Febract)のパウロ・クルランダー会長は、「現行法が改正されることで、薬物治療の質も向上するだろう」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始2019年7月17日 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始  しつこい勧誘や売り込み電話に悩んでいるブラジル市民に朗報だ。16日からこうした電話を無料でシャットアウトするサービス、「ノン・ミ・ペルトゥルビ(私を邪魔しないでの意)」が始まったと、15、16日付現地サイトが報じている。 希望者は、専用サイトwww.naomeperturb […]
  • サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去2019年7月16日 サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去  ジョアン・ドリア、サンパウロ州知事は12日、サンパウロ市西部を流れるピニェイロス川の浄化計画を発表した。13日付現地紙が報じた。  同知事は、2022年までに、徹底したピニェイロス川浄化作戦を実施すると選挙中に公約していた。  具体的な内容は、今後12カ月以内に7050万 […]
  • 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で2019年7月17日 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で  10年に1度の国政調査を前に、経費削減のため、地理統計院(IBGE)が今回調査の質問数を26に減らした。ただし、全世帯の約1割を対象とするサンプル調査用の質問票は76の質問があり、より詳細な情報を集める事ができる。  入力端末の使い勝手や質問の要領などを体得する意味も込めた […]
  • 《ブラジル》17年は71%も増加=イタリアの市民権取得者2019年7月13日 《ブラジル》17年は71%も増加=イタリアの市民権取得者  欧州連合に関する資料や統計を作成するユーロスタットによると、2017年にイタリアの市民権を取得したブラジル人は9936人で、2016年より71%増加したと12日付ブラジル国内紙が報じた。  この数は、ポルトガルの市民権を取得したブラジル人の6084人より多い。3番目はスペイ […]
  • 《ブラジル》合計特殊出生率が低下=世界人口デーで国連が発表2019年7月13日 《ブラジル》合計特殊出生率が低下=世界人口デーで国連が発表  世界人口デーの11日、国連人口基金がブラジルでは、黒人女性や貧困女性の合計特殊出生率が大きく低下していると発表した。  合計特殊出生率とは、人口統計上の指標で、1人の女性が15歳から49歳までの間に生む子供の数の平均を示す。  人口基金の発表によると、ブラジルの場合、生活 […]