ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》薬物依存治療や密売に関する法を改正=強制入院のハードル下がる

《ブラジル》薬物依存治療や密売に関する法を改正=強制入院のハードル下がる

 連邦上院議会は15日、薬物犯罪、薬物依存症患者に関する改定法案(13年下院提出の法案37号・PLC37/13)を承認したと、16日付伯字各紙が報じた。
 オズマール・テーラ現市民相が連邦下議時代に提出した法案は、「薬物依存症患者の強制入院継続の簡易化」や、「大型犯罪組織に所属する薬物密売者への懲罰強化」、「薬物依存から抜けるためのセラピーを行っている団体の強化」などを含んでいる。小規模な密売の罪は、同法により軽くなる可能性もある。
 薬物依存症患者の強制入院問題に関しては、従来は、患者の家族、法的責任者、治療担当者が治療の完了(施設からの退院)を決定することができたが、改定法案では退院を決められるのは医師だけとなる。
 同法案では、治療において非営利のセラピー団体や施設が受け持つことができる範疇も広げられた。過去30年間にわたる薬物依存症治療では、「健康被害の軽減、緩和」を優先してきたが、今後は「依存症克服」が優先される。
 テーラ市民相によると、改正法案の狙いは薬物依存治療の基準を定めることで、薬物依存者と直接接触し、保護する非営利団体を意味する「セラピー共同体」も、医療保健や社会福祉の公的機関と同様に、家族の同意がなくても薬物依存者を強制入院させることが可能となる。
 ブラジル、セラピー共同体連盟(Febract)のパウロ・クルランダー会長は、「現行法が改正されることで、薬物治療の質も向上するだろう」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]