ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国外資本の国内線営業認める=荷物預けの規定も変更に

《ブラジル》国外資本の国内線営業認める=荷物預けの規定も変更に

 連邦上院議会は22日、外国資本100%の航空会社がブラジル国内で営業することを認めた暫定令(MP)を承認したと、22、23日付現地紙・サイトが報じた。
 MPは、席数31以上の国内線の場合、23キロ以内の預け荷物の料金は無料とすることも定めており、ボウソナロ大統領の裁可待ちとなる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ