ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ゲデス経済相が「改革骨抜きなら辞任」と示唆=ボウソナロ大統領は結束の固さアピール

《ブラジル》ゲデス経済相が「改革骨抜きなら辞任」と示唆=ボウソナロ大統領は結束の固さアピール

 パウロ・ゲデス経済相が24日、雑誌Vejaのインタビューで、「もし、社会保障制度改革が骨抜きになり、有名無実化してしまったら、辞めることも厭わない」と発言したと、24、25日付現地各紙・サイトが報じた。
 この発言が報じられた直後、「大統領就任後に初めてブラジル北東部を訪問していたボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)が、『職務に止まることは必ずしも義務ではない』と発言した」との報道があり、「2人の間に亀裂か?」とも思われたが、大統領はその後、ツイッターに「私とゲデス経済相の間にありもしない不和があると書きたかった一部のマスコミよ。すまないが、私と彼の“婚姻関係”はこれまで以上に堅固になったよ、クククク。社会保障制度改革が成功しなかったら、経済相の職務は錬金術師にでも交代させるかも」と投稿した。(原文ママ)

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ