ホーム | ブラジル国内ニュース | カンヌ映画祭=「バクラウ」が審査員賞受賞=ブラジル映画では史上最高位

カンヌ映画祭=「バクラウ」が審査員賞受賞=ブラジル映画では史上最高位

 25日、世界の映画祭の最高峰のひとつ、フランスのカンヌ映画祭で、ブラジル映画「バクラウ」が審査員賞を受賞し、ブラジル作品では同映画祭における史上最高となる賞を受賞するなど、ブラジル映画勢が健闘を見せた。26日付現地紙が報じている。
 カンヌ映画祭は今年で第72回の歴史を数えるが、ブラジルの作品がコンペティションでの重要賞を受賞したことは1度もなかった。
 「バクラウ」が受賞した「審査員賞」は、同映画祭においては、「パルムドール」、「グランプリ」に続く3位相当と一般に見られている賞で、今回はこれを、フランス映画「レ・ミゼラブル」と分け合った。
 ブラジルの辺境地にある小さな村で皆に愛された婦人が亡くなった後、村が地図の上で抹消されていることに気づいた住民たちが、村の存在を証明し、消滅を避けるために戦う、冒険科学フィクションは、クレベール・メンドンサ・フィーリョとジュリアーノ・ドルネレスの2人の共同監督作だ。メンドンサ・フィーリョは2016年の同映画祭に「アクエリアス」で参加しており、レッドカーペットでジウマ(当時)大統領の罷免反対の抗議行動を出演者と共に行い、国際的に注目されていた。
 また、ブラジル勢は、実験映画を対象としたカンヌのもうひとつのコンペティション「ある視点」でも、「ア・ヴィダ・インヴィジーヴェル・デ・エウリーデセ・グスマン」が大賞を受賞するなど、大活躍だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人2019年6月15日 《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人  ペルナンブコ州州都のレシフェ市とその周辺の市が、13日に豪雨に見舞われ、死者や行方不明者が出る事態に陥った。  レシフェ大都市圏を見舞った雨は、12時間で半月分の降水量に達するほどの豪雨で、各地で洪水や土砂崩れ、倒木などを引き起こした。  レシフェ市近郊のカマラジベ市では […]
  • 本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?2019年6月14日 本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?  今日14日はゼネストが行われる可能性が強いが、13日の時点でさん市内で予想されていることを13日付現地サイトが報じている。  今回のストは社会保障制度改革反対を訴えるもので、サンパウロ市地下鉄と都電(CPTM)、市内のバスを運営するSPトランスが参加を表明し、市民の足が心配 […]
  • 《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力2019年6月15日 《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力  ブラジルのみならず、南米、南欧圏でも活躍したジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏が14日未明、心筋梗塞を起こした7日から入院中だった、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院で死去した。76歳だった。14日付現地サイトが報じている。  1943年にサンパウロ市で生まれ […]
  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • 《ブラジル》風邪による死者200人超す=3分の2がH1N1型2019年6月13日 《ブラジル》風邪による死者200人超す=3分の2がH1N1型  今年に入って以降、風邪で亡くなった人が全国で200人を超える事態となっている。12日付現地紙が報じている、  保健省によると、5月25日現在の風邪による死者は222人で、66・6%にあたる148人はH1N1型インフルエンザで死亡している。H1N1による死者の81・5%は、高 […]