ホーム | ブラジル国内ニュース | カンヌ映画祭=「バクラウ」が審査員賞受賞=ブラジル映画では史上最高位

カンヌ映画祭=「バクラウ」が審査員賞受賞=ブラジル映画では史上最高位

 25日、世界の映画祭の最高峰のひとつ、フランスのカンヌ映画祭で、ブラジル映画「バクラウ」が審査員賞を受賞し、ブラジル作品では同映画祭における史上最高となる賞を受賞するなど、ブラジル映画勢が健闘を見せた。26日付現地紙が報じている。
 カンヌ映画祭は今年で第72回の歴史を数えるが、ブラジルの作品がコンペティションでの重要賞を受賞したことは1度もなかった。
 「バクラウ」が受賞した「審査員賞」は、同映画祭においては、「パルムドール」、「グランプリ」に続く3位相当と一般に見られている賞で、今回はこれを、フランス映画「レ・ミゼラブル」と分け合った。
 ブラジルの辺境地にある小さな村で皆に愛された婦人が亡くなった後、村が地図の上で抹消されていることに気づいた住民たちが、村の存在を証明し、消滅を避けるために戦う、冒険科学フィクションは、クレベール・メンドンサ・フィーリョとジュリアーノ・ドルネレスの2人の共同監督作だ。メンドンサ・フィーリョは2016年の同映画祭に「アクエリアス」で参加しており、レッドカーペットでジウマ(当時)大統領の罷免反対の抗議行動を出演者と共に行い、国際的に注目されていた。
 また、ブラジル勢は、実験映画を対象としたカンヌのもうひとつのコンペティション「ある視点」でも、「ア・ヴィダ・インヴィジーヴェル・デ・エウリーデセ・グスマン」が大賞を受賞するなど、大活躍だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 伯日交流協会=元気に帰国報告会開く=研修先へ感謝の言葉2011年4月6日 伯日交流協会=元気に帰国報告会開く=研修先へ感謝の言葉 ニッケイ新聞 2011年4月6日付け […]
  • 携帯電話は100人に91台の普及率に2010年2月24日 携帯電話は100人に91台の普及率に ニッケイ新聞 2010年2月24日付け […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 最高裁=3つ目の家庭形態認める=同性同士も立派な家族=一般夫婦と同じ権利有する=法的整備は国会の手に2011年5月7日 最高裁=3つ目の家庭形態認める=同性同士も立派な家族=一般夫婦と同じ権利有する=法的整備は国会の手に ニッケイ新聞 2011年5月7日付け  最高裁判所が5日、同性愛者同士であっても、安定した状態で共同生活を送っている人々は家族と認め、一般夫婦と同じ権利を付与すべきだという判断を全員一致で下したと、6日付伯字紙が報じた。 […]
  • 東西南北2015年1月15日 東西南北  強いにわか雨による冠水や倒木の被害が頻繁に伝えられている最近のサンパウロ市だが、12日に襲った雨がサンパウロ市にもたらした混乱は「停電」。時速85キロ超の強風を伴う強い雨で、約80万世帯、約240万人が被害を受けたという。翌13日にも暴風雨が起きた所があったため、14日現 […]