ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》名門医大生、新入生いびりでの死亡事件から20年=遺族の心に今も残る爪あと

《ブラジル》名門医大生、新入生いびりでの死亡事件から20年=遺族の心に今も残る爪あと

 1999年2月、サンパウロ総合大学(USP)の医大生が、新入生歓迎のいたずら(トロッチ)で急死し、全国的な社会問題になったが、具体的な解決は見ぬまま、23日に20周年を迎えた。23日付エスタード紙が報じている。
 USP医学部に合格したエジソン・ツン・チ・スーエーさん(当時22)は、99年2月22日に他の同期入学生約100人と共に新入生歓迎会に出かけたが、翌23日に、会場となったクラブのプールで遺体となって見つかった。
 歓迎会には300箱ものビールが用意されており、エジソンさんは上級生からのトロッチで亡くなったと見られた。事件後に、上級生のひとりが「俺はUSPの殺し屋だ。日本人(実際は中国系)を溺死させた」と語る映像が流れたからだ。
 この後、上級生4人が告発を受け、ビデオを流した一人は5日間、一時逮捕となった。だが、2006年に高等裁が「証拠不十分」としてお蔵入りを宣告。13年に最高裁もこれに続いた。
 母親で台湾出身のイェン・インさんによると、夫は息子の死後、うつ病になり、失意のうちに2008年に亡くなったという。「その後も連日、検察局に足を運んだが、聞き入られなかった」と振り返っている。
 この事件を担当した女性検事は、お前を殺すなどといった脅迫を受けたほか、当時12歳と14歳だった子供も誘拐すると脅されたという。
 容疑を掛けられた4人の上級生はいずれも、現在は医師となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》地下鉄=「30日にスト」と労組決定=まだ前日に撤回の可能性も2019年4月27日 《サンパウロ市》地下鉄=「30日にスト」と労組決定=まだ前日に撤回の可能性も  サンパウロ市地下鉄公社(メトロ)の労働組合は25日に行われた総会で、週明け30日(火)にストを行うことを決定したと、25日付現地紙サイトが報じた。  労組側はスト実施の最終決定は29日に下すとしているが、スト決行の場合、青1号線(ジャバクアラ~トゥクルビ間)、緑2号線(ヴィ […]
  • サンパウロ市=15号モノレール線の工事再開=ドリアが来年4駅開通約束2019年4月24日 サンパウロ市=15号モノレール線の工事再開=ドリアが来年4駅開通約束  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は22日、来年1月にサンパウロ市のモノレール線(15号線)に四つの駅を開通させると宣言した。23日付現地紙が報じている。  開通予定の4駅とは、ジャルジン・プラナウト、サポペンバ、ファゼンダ・ダ・ジュッタ、サンマテウスだ。いずれもサンパウロ […]
  • サンパウロ市=昨年の車両盗難は4万台超=多くが東部地区で発生2019年4月24日 サンパウロ市=昨年の車両盗難は4万台超=多くが東部地区で発生  学究機関アルバレス・ペンテアード財団(FECAP)によると、昨年サンパウロ市内で発生した車両盗難事件の多くは同市東部で起こっていたことがわかった。23日付現地紙が報じた。  サンパウロ市内の地域別車両盗難件数上位10区には、1位のサンマテウス(855件)、2位のサポペンバ( […]
  • 《ブラジル》コメディアンの毒舌に実刑判決=女性議員からの訴訟で約7カ月2019年4月13日 《ブラジル》コメディアンの毒舌に実刑判決=女性議員からの訴訟で約7カ月  テレビの人気司会者でコメディアンのダニーロ・ジェンチーリが10日、女性下院議員からの訴訟で敗訴し、約7カ月の実刑判決を言い渡され、話題を呼んでいる。  事の発端は、2016年5月、ジェンチーリがツイッターで、女性の権利擁護運動で有名な政治家で、大臣経験もあるマリア・ド・ロザ […]
  • サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に2019年4月19日 サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に  サンパウロ州で、180年を超える同州の警察組織史上はじめて、性転換を遂げた軍警が誕生し、話題を呼んでいる。  エマノエル・エンリケ・ルナルディ・フェレイラさん(24)は、2015年にサンパウロ州イトゥヴェラーヴァに女性軍警として配属された。当時の名前は「エマノエリー」だった […]