ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》名門医大生、新入生いびりでの死亡事件から20年=遺族の心に今も残る爪あと

《ブラジル》名門医大生、新入生いびりでの死亡事件から20年=遺族の心に今も残る爪あと

 1999年2月、サンパウロ総合大学(USP)の医大生が、新入生歓迎のいたずら(トロッチ)で急死し、全国的な社会問題になったが、具体的な解決は見ぬまま、23日に20周年を迎えた。23日付エスタード紙が報じている。
 USP医学部に合格したエジソン・ツン・チ・スーエーさん(当時22)は、99年2月22日に他の同期入学生約100人と共に新入生歓迎会に出かけたが、翌23日に、会場となったクラブのプールで遺体となって見つかった。
 歓迎会には300箱ものビールが用意されており、エジソンさんは上級生からのトロッチで亡くなったと見られた。事件後に、上級生のひとりが「俺はUSPの殺し屋だ。日本人(実際は中国系)を溺死させた」と語る映像が流れたからだ。
 この後、上級生4人が告発を受け、ビデオを流した一人は5日間、一時逮捕となった。だが、2006年に高等裁が「証拠不十分」としてお蔵入りを宣告。13年に最高裁もこれに続いた。
 母親で台湾出身のイェン・インさんによると、夫は息子の死後、うつ病になり、失意のうちに2008年に亡くなったという。「その後も連日、検察局に足を運んだが、聞き入られなかった」と振り返っている。
 この事件を担当した女性検事は、お前を殺すなどといった脅迫を受けたほか、当時12歳と14歳だった子供も誘拐すると脅されたという。
 容疑を掛けられた4人の上級生はいずれも、現在は医師となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ