ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》名門医大生、新入生いびりでの死亡事件から20年=遺族の心に今も残る爪あと

《ブラジル》名門医大生、新入生いびりでの死亡事件から20年=遺族の心に今も残る爪あと

 1999年2月、サンパウロ総合大学(USP)の医大生が、新入生歓迎のいたずら(トロッチ)で急死し、全国的な社会問題になったが、具体的な解決は見ぬまま、23日に20周年を迎えた。23日付エスタード紙が報じている。
 USP医学部に合格したエジソン・ツン・チ・スーエーさん(当時22)は、99年2月22日に他の同期入学生約100人と共に新入生歓迎会に出かけたが、翌23日に、会場となったクラブのプールで遺体となって見つかった。
 歓迎会には300箱ものビールが用意されており、エジソンさんは上級生からのトロッチで亡くなったと見られた。事件後に、上級生のひとりが「俺はUSPの殺し屋だ。日本人(実際は中国系)を溺死させた」と語る映像が流れたからだ。
 この後、上級生4人が告発を受け、ビデオを流した一人は5日間、一時逮捕となった。だが、2006年に高等裁が「証拠不十分」としてお蔵入りを宣告。13年に最高裁もこれに続いた。
 母親で台湾出身のイェン・インさんによると、夫は息子の死後、うつ病になり、失意のうちに2008年に亡くなったという。「その後も連日、検察局に足を運んだが、聞き入られなかった」と振り返っている。
 この事件を担当した女性検事は、お前を殺すなどといった脅迫を受けたほか、当時12歳と14歳だった子供も誘拐すると脅されたという。
 容疑を掛けられた4人の上級生はいずれも、現在は医師となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増2019年6月25日 サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増  サンパウロ市における路上生活者が、2年間で66%と急増傾向にあると、22日付現地紙が報じている。  これはサンパウロ市社会支援局の資料で判明したものだ。それによると、2018年のサンパウロ市内での路上生活者は10万5367人に達したという。  2016年の同調査では6万3 […]
  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開2019年6月22日 サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開  サンパウロ市市警は19日、9日に俳優のラファエル・ミゲルさん(22)とその両親を殺害したパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者(48)が変装して逃亡している可能性を想定した8枚の手配写真を公表した。20日付現地紙が報じている。  マチアス容疑者は、自身の17歳の娘がラファエル […]
  • サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場2019年6月11日 サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場  サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。  これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的 […]
  • サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン2019年6月11日 サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン  サンパウロ州とサンパウロ市が10日~7月12日の予定で、予防接種キャンペーンを始めた。双方とも、29日(土)が病気撲滅のためのXデー(ポ語ではDia D)で、保健所も8~17時に開業する。  サンパウロ州のキャンペーンの対象は黄熱病だ。州内の黄熱病の予防接種実施率は71・6 […]