ホーム | 日系社会ニュース | ジャパン・ハウス=オンライン日本文化紹介=四コマ漫画や金継ぎ、押し花も

ジャパン・ハウス=オンライン日本文化紹介=四コマ漫画や金継ぎ、押し花も

金継ぎにより修復された器。

金継ぎにより修復された器。

 ジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)がオンラインで日本文化を紹介する企画「#JHSPONLINE」では、続々と新しい企画がオンラインで発表されている。映像は発表後そのままJHユーチューブ上(https://www.youtube.com/c/JAPANHOUSESãoPaulo)で、好きな時間に見ることができる。
 29日に発表された「地獄の門を叩く男」は、ブラジルとコルデル文学と日本の能を融合した野心作だ。翌30日(水)午後8時からは同作品の演出家の梅若ソラヤさんと能楽師の梅若猶彦を迎えた対談が開催された。
 その他の動画コンテンツとしては、日本の祝日「敬老の日」や「秋分の日」の紹介のほか、陶磁器などの破損やヒビの修復技法のひとつ「金継ぎ」について紹介する動画が公開された。
 24日に公開された「太鼓Taiko」は、日本の伝統的な打楽器である太鼓をブラジルの太鼓協会によるデモンストレーションと共に歴史を紹介するもの。
 「押し花」では花や葉を平面に乾燥させ作品を作り上げる方法をエミ・イマイさんが教える。
 「四コマ」は日本で人気な漫画形式の一つ。サンパウロ在住のイラストレーターCaio Yôが出演し、自身の漫画の描き方を紹介する。
 10月1日(木)「月見」は、日本の秋の風物詩のひとつ。JHは「月見」の歴史や今日までの重要性について紹介する。
 10月2日(金)「切り紙」の動画ではナオミ・ウエヅさんが秋にちなみ満月や月見をイメージしたオブジェの作り方を紹介する。
 随時、会議アプリなどを使用した対話参加型企画も行われている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • JHSP=バーチャル展示を順次公開=『ジャポネシア』4言語で解説2021年6月26日 JHSP=バーチャル展示を順次公開=『ジャポネシア』4言語で解説  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は遠方からでも同館展示が楽しめる『バーチャル展示』を6月23日の石川直樹写真展『ジャポネシア(JAPONESIA)』を皮切りに順次公開している。  同企画はJHサイトで公開されており、各展 […]
  • JH=旅行感覚の『せとうち訪問』=オンライン体験イベント第1弾2021年6月15日 JH=旅行感覚の『せとうち訪問』=オンライン体験イベント第1弾  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JHSP、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は旅行感覚を味わえるオンライン体験イベントシリーズを企画。第1弾となる「せとうち訪問」を7月1日午後7時に開催する。  「芸術と自然が調和している場所」として日本で唯一、ニューヨーク・ […]
  • 在サンパウロ総領事館=栄えある外務大臣表彰を伝達=個別にオンラインで授賞式=「皆さんの支えのおかげ」2021年5月27日 在サンパウロ総領事館=栄えある外務大臣表彰を伝達=個別にオンラインで授賞式=「皆さんの支えのおかげ」  【既報関連】在サンパウロ総領事館(桑名良輔総領事)は、5月10日~18日にかけて「令和2年外務大臣表彰」サンパウロ管内の受賞者9人に、オンラインで個別授賞式を開催した。その内の4人に受賞した現在の気持ちを電話取材した。  サンパウロ州立交響楽団の児童合唱団指揮者で「エコ […]
  • JH=人気作家・村田沙耶香氏講演=代表作は『コンビニ人間』など2021年5月18日 JH=人気作家・村田沙耶香氏講演=代表作は『コンビニ人間』など  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は20日(木)夜8時から、小説家の村田沙耶香氏のオンライントークイベント(講演会)を開催する。  同氏の代表作『コンビニ人間』は2016年の芥川龍之介賞受賞作。36歳未婚で彼氏なし、コンビ […]
  • 日伯宇宙WEEK開催中=現役の野口飛行士も参加2021年4月6日 日伯宇宙WEEK開催中=現役の野口飛行士も参加  駐ブラジル日本国大使館(山田彰特命全権大使)と在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)、ジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が4月5日(月)~11日(日)にオンラインイベント「日伯宇宙WEEK」をブラジルの「世界天文学の日(8日)」にあ […]