ホーム | Free | 梅花流詠讃歌の講習会=曹洞宗「仏教の賛美歌」

梅花流詠讃歌の講習会=曹洞宗「仏教の賛美歌」

講師の丸太祥寛氏

講師の丸太祥寛氏

 サンパウロ市サンジョアキン街にある曹洞宗南米別院佛心寺(采川道昭総監)は、「梅花流詠讃歌特派師範巡回講習」を同寺など各地で行う。受講料は無料。講師は佐賀県の東光寺の住職で、梅花流特派師範の丸太祥寛(しょうかん)氏。
 「仏教の賛美歌」とも呼ばれる梅花流詠讃歌は、鈴鉦(れいしょう)という楽器を用いて唱える仏讃歌。御詠歌とも呼ばれる。道元禅師、瑩山(けいざん)禅師の両祖と釈迦牟尼仏を讃え、先祖を敬う心を唱える。
 日本の風土と暮らしから生まれた優しく穏やかなメロディで、安らかな気分と新たな感動を味わうことができるという。また講習を通して他者を受け入れ、良好な人間関係を作る方法を学ぶ。
 会場では無償で食事が提供され、簡単なポ語通訳もある。同講習は2016年まで毎年行われていたが、17、18年は行われず、今回は3年ぶりとなる。
 日程と会場は以下の通り。▼28日=イタペチニンガ日本語学校(イタペチニンガ市、Rua João Evangelista, 703, Centro)▼29日=同寺(サンパウロ市、Rua São Joaquim, 285)▼30、31日=佛心寺(パラナ州ローランジア市、Rua Parananguá, 325, Centro)▼6月1日、2日=慈水禅堂(南大河州パッソ・フンド市、Rua Lava Pés, 2315, Boqueirão)▼6月3日、4日=慈恩寺(ペルー共和国カニエテ郡)
 詳細、問い合わせは同寺(電話=11・3208・4515)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 誘拐事件、増加に転じる=殺人、盗難全体は減少傾向=サンパウロ州2005年5月4日 誘拐事件、増加に転じる=殺人、盗難全体は減少傾向=サンパウロ州 5月4日(水)  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙三日】二年前から減少傾向にあったサンパウロ州内の誘拐事件が、今年の第1・四半期に再び増加に転じ、関係者らを憂慮させている。 […]
  • 今も隠然たる影響力を誇るルーラ前大統領(Foto: Ricardo Stuckert/Instituto Lula)2015年7月3日 先週から大統領や周辺の言動に妙な雰囲気が…  先週からルーラやジウマ大統領及び周辺の言動がちょっとおかしい。先週月曜日にルーラは異例の労働者党批判をし、自分の人気を移し替える形で大統領にしたジウマまで指弾した。不人気のPTとジウマを批判することで距離を置いているように見せ、ルーラは大統領選再出馬の準備を進 […]
  • 豚インフルに要注意=今年に入って4人が死亡2012年4月24日 豚インフルに要注意=今年に入って4人が死亡 ニッケイ新聞 2012年4月24日付け  今年の新型インフルエンザH1N1(グリッペA)による死者はすでに4人に上っており、来月からは全国で予防接種が始まると23日付G1サイトが報じている。 […]
  • サンパウロ市ロジージオ、12日から再開2007年7月12日 サンパウロ市ロジージオ、12日から再開 2007年7月12日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙十一日】サンパウロ市内の都心乗入れ規制(ロジージオ)を試験的に今月二日から十五日まで解除したが、渋滞が激しかったことで、市当局では十二日から再開することを決定した。 […]
  • アマゾン四%を造成=28万人占拠者に分譲付与2008年9月26日 アマゾン四%を造成=28万人占拠者に分譲付与 ニッケイ新聞 2008年9月26日付け  連邦政府は二十四日、法定アマゾン公有地のうち四%を無断占拠者に分譲することを検討中と二十五日付けフォーリャ紙が報じた。農地改革法の一環として議会の承認が得られるなら、二十八万四千人に付与される。 […]