ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領選が終わったら、これまでは表に出てこなかったジャイール・ボウソナロ氏夫人のミシェル氏がようやく公衆の前に姿を現すようになり、29日、グローボ局の取材に答えた。ボウソナロ氏の3番目の妻で、現在36歳。8歳の娘ラウラちゃんの母親でもある同夫人は、「夫はよく、ファシストの上、同性愛者嫌悪者で人種差別者だと言われるが、そんなことはない。私たちにはゲイの友人もいる」と語った。だが、「女性蔑視者か」の質問には言葉を詰まらせ、外国人嫌いをほのめかす一幕も。同夫人は、「神が、この国に夫の本当の姿を知らせる機会を与えたものと信じている」と締めくくっている。
     ◎
 21日に、サンパウロ州ジャカレイ市で行われたフェスタに出かけて以来、行方不明になっていた、モジ市在住のライアネ・パウリーノ・アウヴェスさん(16)が28日、同州グアラレマ市で遺体で見つかった。遺体が本人であることは、翌29日に母親が確認した。ライアネさんは、21日未明に軍警に緊急の電話をかけたのが最後の音信となっていた。遺体には首を絞められた跡もあり、警察は性犯罪の可能性も含めて調査中だ。
     ◎
 今日31日は、サッカーのリベリルタドーレス杯準決勝第2試合、パルメイラス対ボカ・ジュニオルズ(アルゼンチン)戦が行われる。24日に敵地で行われた前戦は0―2で完敗したが、本拠地アリアンツ・パルケでの試合で3点以上の差をつけ、逆転することができるか? 仮に決勝進出なら、18年ぶり5度目となる。果たして奇跡は起こるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月17日 東西南北  本日付で報じたサンパウロ市西部ジャグアレー地区の高架橋落下騒ぎは市民に恐怖心と危機感を感じさせたが、16日付アゴラ紙によると、市内には同様の危険性を持ち、改修の必要のある橋が185カ所中、33カ所あるという。さらに、カサビ市政の2007年に、「注意すべき橋」として指定されたも […]
  • 東西南北2018年11月14日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が約束されているオニキス・ロレンゾーニ下議が12日、「ノルウェーはブラジルに学ぶべきだ」と発言した。取材陣から、一度は廃止になりかかっていた環境省のことや、ブラジルが環境問題で欧州の環境団体から多額の罰金を課されそうなことを尋ねられ、「我々には我々 […]
  • 東西南北2018年11月15日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われた […]
  • 東西南北2018年11月10日 東西南北  現在、次期政権の組閣に忙しいジャイール・ボウソナロ次期大統領。そんなボウソナロ氏の自宅に8日、思わぬ客が訪れた。その人はロベルト・レイ。「ドトール・レイ」の異名を取る美容整形外科医で、これまでも数多くのテレビに出演し、自身の番組まで持っていたほどの有名人だ。その「レイ先生」の […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]