ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 最近本紙でも座談会を連載した「終活」だが、本日午後1時から援協本部ビル(Rua Fagundes, 121, Liberdade)で行われる「第2回日系福祉団体フォーラム」では、高齢者への支援や終活に関する講演、討論会が行われる予定だ。援協関係者だけでなく、一般の方も関心をもって来てほしいとのこと。せっかくの機会なので、援協に「このようなサービスをしてほしい」などの要望を直接に伝えるのも良いかも。参加費は無料だが、希望者は予約を申し込むのが望ましいとのこと。予約申し込み、問い合わせは援協福祉部(電話=11・3274・6518)まで。
    ◎
 本紙でも取り上げた、高齢者向け分譲アパート「すいせんビル」は、すでに25戸ほど販売契約されたそう。かなり関心が高まっているようだ。アパート内は段差などを極力なくし、誰でも不便なく利用できる住居を目指している。共同で使える食堂やコインランドリーの設置も検討中とか。老人ホームではなく、自宅でありながら仲間と楽しく過ごせる集合住宅にする予定。場所はサンパウロ市リベルダーデ区グロリア街501番。援協本部の診療所やメトロ、日本食材店、文協も近く、県人会も集まっている好立地な場所といえる。問い合わせ、予約申し込みは大空不動産の小林優子さん(電話=11・3277・8545/3274・6775)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月3日 大耳小耳  2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世 […]
  • 大耳小耳2020年2月18日 大耳小耳  日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第512号が2月に刊行された。沼田信一著『信ちゃんの昔話』の転載が始まった。「ファゼンダ・コチアー」とタイトルにあるので、産業組合の話かと思ったら、北パラナのカフェ耕地の名前。平日はカフェの仕事をし、日曜日は自分の畑を作るという、休みのない開拓 […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  ブラジル生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。サンパウロ市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。サンパウロ市の日系書店などで販売中。郵送での […]