ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》GDP成長率が2年ぶりのマイナスに=2期続けば、不況再突入=鉱滓ダム事故影響大きく=頼みの農牧畜業もマイナス

《ブラジル》GDP成長率が2年ぶりのマイナスに=2期続けば、不況再突入=鉱滓ダム事故影響大きく=頼みの農牧畜業もマイナス

 地理統計院(IBGE)が30日、今年第1四半期の国内総生産(GDP)は1兆7140億レアルで、直前の昨年第4四半期比でマイナス0・2%だったと発表した。同日付現地ニュースサイトが報じている。
 GDPがマイナスを記録したのは、マイナス0・6%だった16年第4四半期以来だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ