ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》捨てる位ならば養子に=望まれない子を当局に譲渡=縁組待つ子供と希望像にズレ

《ブラジル》捨てる位ならば養子に=望まれない子を当局に譲渡=縁組待つ子供と希望像にズレ

養子縁組などに関する法律を審議している下院本会議(17年9月、Valter Campanato/Agência Brasil)

養子縁組などに関する法律を審議している下院本会議(17年9月、Valter Campanato/Agência Brasil)

 17年1月~今年5月に「子供を養子に出したい」と言って司法当局を訪れた母親は203人おり、3日に1度は子連れの母親が家庭裁判所などに支援を求めた事になると25日付フォーリャ紙が報じた。
 ペルナンブコ州レシフェ市の家庭裁判所を訪れた女子学生は、自宅で前日産んだ赤ん坊を抱いていた。田舎にいる家族は何も知らないが、出産後に兄弟が尋ねて来て子供の事を知られる前に、子供を安全な所に委ねようと考えたという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ