ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■100歳の西山さん=熟ク連GB大会最高齢参加者

■ひとマチ点描■100歳の西山さん=熟ク連GB大会最高齢参加者

西山長光さん(100、熊本)

西山長光さん(100、熊本)

 熟連のゲートボール大会では、88歳以上の参加者12人に高齢者賞が贈られた。今大会の最高齢参加者は西山長光さん(100、熊本)。
 ゲートボール歴30年のベテラン選手。西山さんは15歳で家族とサンパウロ州バーハボニータ近くの農園に入植。「畑を荒らす60キロ級のカピパラを罠で捕まえて農園主と食べた」「刈り取った稲束を天日干しした翌日、稲束の回収作業を行っていたところ、稲束の中から13匹もの毒蛇が這い出てきて、あわや命の危機だったが、全匹捕獲して、半分は毒蛇研究所へ売り、半分は農園主と食べた」など苦労したカマラーダ時代も今となっては思い出の一つ。
 その後はマリリアで洗濯屋を開業するなどして生計を立てた。「GBはこの年になっても出来る良いスポーツ。仲間と一緒に過ごす時間はとても楽しい。これからも続けていきたい」と話し、大会をしみじみと楽しんだ。(達)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年1月7日 大耳小耳  昨年11月、89歳で亡くなった亜国邦字紙「らぷらた報知」の主幹高木一臣さん。「大げさにしたくないから、家族以外には伝えないで」という言葉を残していたそうで、同社社員らに訃報が届いたのは、1週間ほど後だったそう。というのも編集業務は在宅で行なっており、会社にやってくるのは月 […]
  • 六本木男声合唱団=一夜限りのブラジル公演=日伯共演に満場の拍手=三枝団長「今までで最高」2008年10月21日 六本木男声合唱団=一夜限りのブラジル公演=日伯共演に満場の拍手=三枝団長「今までで最高」 ニッケイ新聞 2008年10月21日付け  六本木男声合唱団倶楽部(略称=六男〈ろくおとこ〉、三枝成彰団長)のブラジル公演が十五日午後九時ごろからサンパウロ市内のサーラ・サンパウロで開催され、約一千人収容の会場がほぼ満員となる人気を博した。 […]
  • 新タイプの書も展示=書道愛好者展が27、28日2003年9月20日 新タイプの書も展示=書道愛好者展が27、28日 9月20日(土)  ブラジル書道愛好会(若松孝司会長)主催の二〇〇三年度書道愛好者展が二十七日(土)、二十八日(日)に文協貴賓室で開催される。 […]
  • 出来ることの積み重ねが大切=GLA、300人が熱心に聞き入る2016年11月30日 出来ることの積み重ねが大切=GLA、300人が熱心に聞き入る  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は20日、サンパウロ市リベルダーデ区のFECAP劇場で『高橋佳子講演会映像の集い』を開催した。「運命の逆転」と題して日本で行われた講演の様子が音声ポ語訳付きで上映され、日系・非日系を問わず約300人が、熱心に耳を傾けた。  G […]
  • 東西南北2007年3月6日 東西南北 2007年3月6日付け […]