ホーム | 日系社会ニュース | アリアンサ=大城氏が二期四年で勇退=後任は前副理事長の吉田氏

アリアンサ=大城氏が二期四年で勇退=後任は前副理事長の吉田氏

挨拶で来社した吉田エドワルド新理事長

挨拶で来社した吉田エドワルド新理事長

 日伯文化連盟(アリアンサ)の前理事長の大城幸夫氏と新しい理事長の吉田エドワルド氏(71、三世)が交代の挨拶に来社した。
 大城前会長は、2016年にアリアンサ創立60周年や、17年に開設したピニェイロス文化センターの建設に尽力し、二期四年務めた会長職を勇退した。
 新理事長となった吉田氏はサンパウロ市出身。大学では経済や法律について学び、日系企業に就職。二社目のパイロット・ペン・ド・ブラジルに30年以上勤務し、幹部社員にまでなった。アリアンサには12年前から関わり、前期では副理事長を務めた。
 吉田新理事長は所信表明として、「大城前理事長を習い、基本的には現事業を継続するが、新しいアイデアがあればその都度取り入れていく」との意気込みを見せた。
 アリアンサは、現在の日本語学習の生徒数が約1500人、そのうち6割が日系人で、残り4割を非日系人が占めている。約40人の日本語教師のうちおよそ10人は非日系人。大城前理事長は「USPの日本語学科卒の非日系人教師が増えている」と語る。
 近年は、初級者コースやN3程度の日本語が身につく上級者コースより更にレベルの高い、ビジネス日本語や日ポ両語の通訳の教室も設置。今後は子供向けの日本語教室を開講する計画も立てており、幅広いレベルの学習者が受講可能だ。
 また、ピニェイロス文化センターでは、生け花、折り紙、漫画、書道等の日本文化を学べる13講座が設けられ、約300人が受講する等、日本文化の普及にも貢献している。
 吉田新理事長は「全伯的にも日本文化を総合的に学習できる唯一の団体では」とし、今後の拡大に自信を見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年10月23日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年10月23日  ピニェイロス文化親睦会に来賓として招かれた熟年クラブ連合会の五十嵐司会長。祝辞の際、お祝いの言葉もそこそこに、今年名称が変更された熟連についての説明にご執心の様子。肝心の式典とは関係のない内容が長々と続く間、顔を見合わせてため息をつく出席 […]
  • 東西南北2013年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年11月20日  サンパウロ市は世界で2番目に正直な街? ブラジルの雑誌「セレソンエス」が全世界21の都市を対象に、市内に財布を12個路上にばらまき、その財布がいくつ戻るかで市民の正直さを試す企画を行なった。財布には、拾った人が盗難したくなるよう、現金を多 […]
  • 人文研=娘の妙さんら百人が集い=評伝「鈴木悌一」出版記念会2007年8月14日 人文研=娘の妙さんら百人が集い=評伝「鈴木悌一」出版記念会 2007年8月14日付け […]
  • カルテル疑惑=アエシオと法相が真向対立=疑惑のポ語訳が争点に=調査のPT関与を疑うPSDB=「法廷持ち込む」とカルドーゾ2013年11月30日 カルテル疑惑=アエシオと法相が真向対立=疑惑のポ語訳が争点に=調査のPT関与を疑うPSDB=「法廷持ち込む」とカルドーゾ ニッケイ新聞 2013年11月30日  【既報関連】21日付エスタード紙が報じたサンパウロ市地下鉄・CPTMのカルテルに絡むシーメンス元役員による報告書をめぐり、党員が疑惑の対象とされた民主社会党(PSDB)のアエシオ・ネーヴェス党首が「労働者党(PT)が仕掛けた政治的策略だ」 […]
  • 現役海軍少将2氏が講演=「二度とない貴重な機会」2018年6月26日 現役海軍少将2氏が講演=「二度とない貴重な機会」  ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)とわんわん会(同会長)の共催で、講演会『ブラジル海軍の今』が、29日午後6時から、同センター講堂(Rua Tamandare, […]