ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル株》5月の株価上昇は10年ぶり=社会保障改革への期待が現実になるかが鍵

《ブラジル株》5月の株価上昇は10年ぶり=社会保障改革への期待が現実になるかが鍵

 ブラジル株式市場の総合指数であるサンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は5月に値下がりすることが多く、「魔の5月」などと市場関係者からは言われていたが、今年5月はそのジンクスを10年ぶりに破った。
 4月30日に9万6353ポイントだった指数が、5月31日は9万7030ポイントと、0・7%アップで終わったのだ。5月末のIbovespa指数が4月末の水準を上回ったのは、2009年以来のことだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ